巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

拷問? 激マズ? バリウムの噂の真偽

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真はバリウムでなくてシェイクですが、独特の“ドロドロ感”が苦手な人も多いみたいです。

[拡大写真]

胃の検診でバリウムを飲んだことがある人からよく聞くのは、「死ぬほどマズイ」「昔より美味しくなった(量が減った)」「実はバリウムより発泡剤のほうが辛い」などの言葉。
さらに、「ベッドに縛り付けられてぐるぐる回されるのが地獄絵図のよう」とか「バリウムが出てこないと、固まってしまい、最悪の場合、開腹手術にもなりうる」なんて恐ろしい噂も耳にする。

これらは本当なのだろうか。噂によって、いたずらに恐怖心を抱く人も多そうだけど……。
実際、自分自身、今年初めてバリウムを経験したところ、驚くほど呆気なく終了となった。

バリウムはもちろん美味しくはないが、重たい飲むヨーグルトみたいな感じで、特別マズイというほどでもない。発泡剤もさほど辛くなかった。
それよりも、大変だったのは、検査台に載ってぐるぐる回らされること! 
「手すりにしっかりつかまってください」と言われ、ぐるぐる回らされているうち、途中で逆さ吊りにされているような感覚に陥り、必死で手すりを握りしめた。そして思った。
今はまだ自分の腕力で自分の体を支えられているけれど、高齢になったら、ムリな気がする。これってどういう状況なのか。
『ここ10年で、これだけ変わった! 最新医学常識99』(祥伝社黄金文庫)等の著書を持つ、医療法人社団池谷医院の池谷敏郎院長に聞いた。

「バリウムは、確かに昔に比べ、品種改良され、いろいろ工夫されているので、飲みやすくなり、量も少なくなっています。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2013年10月2日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品