巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

薄毛を不安に思ったら、気軽に病院へ行くべし!……そして、髪にまつわる都市伝説について

このエントリーをはてなブックマークに追加

「銀座総合美容クリニック」はAGA治療専門のクリニックです

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

何を隠そう、僕はここ数年薄毛に悩んでいる。いや、“ひょっとして気のせいか?”という感もなくはない。特に髪を切りたてのタイミングは、下した髪に隙間ができおでこが透けたりもする。俗に“すだれ”と言われる状態だろうか…。

でも、言い訳の材料が無いわけでは無い。生まれつき額は広いし、髪質もやや細い。しかも、思いっきりの直毛で、なにかにつけて美容師には髪をすかれる始末…。シャンプーを変えるなり、生活習慣を変えるなり、薄毛対策も色々と考え実践してきたつもりだけど、正直なところどうなんだろう?…… う~ん、もう決心しました!専門医に相談します!!

という事で伺ったのは、AGA(男性型脱毛症)治療・薄毛治療専門の医療機関「銀座総合美容クリニック」。同院の正木院長に、あまりにも多過ぎる疑問や不安を、思い切ってぶつけてみました!

――実は私も髪で悩んでおり、AGA治療を受けるべきか迷っているのですが、「こういう人は来院した方がいいですよ」といった、なにかタイミングみたいなものはあるのでしょうか?
正木院長 : そうですね、「薄くなり始めたな」と自覚した瞬間がやはり、一番のタイミングかもしれません。症状の軽いうちに治療を行えば、それだけ気にならなくなる可能性も高いですからね。もうひとつは、誰かから客観的な目で指摘を受けた時でしょうか。他人の目がどこまで正確かという疑問はありますが、身近な人のちょっとした指摘や、久しぶりに会った人からの指摘は、日々少しづつ進行することで見落としがちな小さな変化に気づくきっかけとなるでしょう。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2013年11月11日 07時00分

注目の商品