巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「まさか自分が!?」病気になる前にやっておくべきこと

現在33歳、これまで特に必要性を感じなかったので生命保険には加入していない筆者。ところが先日の健康診断の結果が思わしくなかった。体重増加、血圧の上昇、血中脂質の高値など、去年に比べて軒並み数値が高まっていたのだ。

遅くまで飲めば翌日はつらいし、食べれば食べただけ太ってしまう。20代の頃と比べて確実に変化しつつある身体だったが、みんなそんなものだろうと思ってあえて放っておいた。でも、目の前に並ぶ数字はたしかにヤバく、ベルトの穴にも余りが無い。ついに周りからは病気を心配される始末。

「先輩も急な病気で入院したんだから気をつけないとダメだよ」

たしかに。ほとんど何の前兆もなく倒れた先輩が2ヶ月ほど入院したのはつい最近の話だ。そんなきっかけもあって30代が注意すべき病気について色々と調べてみると、浮かび上がってくるのは「生活習慣病」。30代のうち「生活習慣病による死亡率は自殺、事故に次いで第2位※1」で、患者数も年々増加していたのだ。50代からが危ないというイメージを抱いていた筆者だったが、ずいぶん身近なリスクだった。

ところで生活習慣病とは、がん、脳血管疾患、心臓病の日本人の3大死因と、これに糖尿病や脂質異常症が加わった病気の総称。不健全な生活サイクルが引き金となって高血圧や肥満を発症すると、生活習慣病にかかる率もグンと上がるというから筆者も耳の痛い話だ。なかでもここ数年、特に増えているのは糖尿病で、日本国内の成人の糖尿病人口は710万人と推定されているという※2。
関連キーワード

2013年12月5日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品