巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

デジカメ時代だからこそ! インスタントカメラ「チェキ」が人気の理由

ライター情報:山下敦子

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェキ人気はとどまることを知らず。クラシックなデザインのチェキinstax mini 90ネオクラシック。多彩な機能で男女問わず人気。(参考価格:19,800円)

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

デジタルカメラの登場で、フィルム写真を撮ることが少なくなった。思い出の写真はスマホやパソコンの中という人も多いのではないだろうか。だが、そんな時代だからこそ、あえてその場で思い出をカタチにできる富士フイルム株式会社のインスタントカメラ「チェキ」が人気だ。2002年に約100万台を販売し、その後一時は販売台数が10分の1に落ち込んだものの、2012年度は160万台に。今年度は200万台を目標に掲げている。1998年に初代チェキ発売以来、日本だけでなく海外でもヒットを飛ばし、ワールドワイドで累計9百万台以上の販売を誇る「チェキ」。

デジタル時代の今、なぜチェキが人気なのか? 同社イメージング事業部の外山さんは「生まれた時からインターネットやパソコンのある環境で育ち、デジカメもスマホも持っている世代の方は、撮ったその場でプリントでき、メッセージを書き込み友人と交換できる点でデジタルとは異なる『現物感』の価値を見出している。新しいコミュニケーションツールとして新鮮に受け入れているのでは」と分析する。フィルムやインスタントカメラを知らない10代~30代にとっては、撮るとすぐにプリントされる斬新でオシャレなカメラなのだ。

私も結婚式や二次会などでチェキを何度か利用したことがあるが、今年9月に発売され、店舗によっては品切れが起きるほどの人気商品「instax(インスタックス)mini 90ネオクラシック」の機能には驚いた。

ライター情報: 山下敦子

映画字幕編集職を経て現在はフリーランスライター。カナダ滞在歴約5年。現在は大阪を拠点に活動し時々海外逃亡。

URL:http://www.geishaonthego.com/

2013年11月20日 07時00分

注目の商品