巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

意外に知らない!? スムージーの効果的な摂り方

ライター情報:古屋江美子
このエントリーをはてなブックマークに追加

自身もスムージー愛飲者である浜中聡子院長。予防医学からみたスムージーについて講演

[拡大写真]

最近、流行のスムージー。朝食がわりに摂取している人も少なくないのでは?

スムージーとは野菜や果物に水などを加え、ブレンダーやミキサーで混ぜたもの。食物繊維などの栄養をたっぷり摂れるとあって、健康志向の高い女性を中心に人気を集めている。

すでにスムージーをメニューに出すカフェや専門店も数えきれないほどあるが、最近は自分で作る人も増えており、レシピ本も多数。先ごろ発売された月刊情報誌『日経トレンディ』の「2014年ヒット予測ランキング」でも「毎日自作サプリスムージー」が1位を獲得している。

ただ、ヘルシーなイメージが強いスムージーではあるが、間違った摂取をすれば、カロリー過多やフードアレルギーなど逆効果になるケースもあるので注意したい。

スムージー生活を成功させるには、いくつかポイントがある。先日、冷凍宅配スムージー「フレッシュデリ」を販売するアンファーが開催したメディア向けセミナーの中で、AACクリニック銀座の浜中聡子院長が講演。スムージー生活の黄金メソッドを教えてくれた。

『ドクターズ スムージー 決定版』(扶桑社)の著者でもある浜中院長。4つの直伝メソッドをさっそく紹介しよう。

まず1つめは、摂取を習慣化すること。
「3日坊主にならないこと。薬ではないので数日で効果が出るものではありません。少なくとも2、3ヵ月は続けないと、ある程度の変化は感じられないと思います」
たとえば出張の際など「飲まないとなんだか落ち着かない」と思うくらいまで習慣化できれば効果も実感できるだろうとのこと。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2013年11月25日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品