巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

東京の次はパリ? フランス人は本当に五輪開催を望んでいるのか?

ライター情報:加藤亨延

フランスは2012年、ライバルの英国に開催地を持っていかれた

[拡大写真]

東京五輪の次、2024年五輪は1924年のパリ五輪から100年目に当たり、パリが開催地の本命だ。2020年に招致を成功させた東京も、国立競技場建て替え計画や福島原発の汚染水問題など、結果的に五輪招致を成功させたものの、いまだ様々な意見はある。実際フランスでは、どれくらいの人たちが自国の五輪開催を望んでいるのだろうか。

仏SportLabが9月から10月にかけて、15歳以上1000名を対象に行った調査によれば、3人中2人が2024年の五輪招致を求めているという。67.2%の人々がフランスでの五輪開催を「かなり賛成」「ある程度賛成」と答え、64%がパリでの開催を望むと回答した。そのうち五輪にもっとも関心がある世代は15歳から24歳で、フランス開催を求める割合は84.4%、パリ開催は81.8%に上る。

開催地住民の五輪支持は、招致にとって大切な指標の一つだ。2022年の冬季五輪に立候補を予定していたミュンヘンは、11月に住民投票を行った結果、52.1%が反対に投じ立候補を断念した。

そんなにパリは有利なのか。2020年がアジアの東京に決まったことで、地理的にパリにとって追い風になるといわれるが、それは立候補を検討する他の欧州都市にとっても同じだ。2024年は欧州だけでも、現時点ではベルリン、ローマ、ミラノ、サンクトペテルブルク、キエフなど知名度ある都市が並ぶ。アフリカ大陸やアメリカ大陸の大都市も、立候補を検討しており強力なライバルは多い。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2013年12月30日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品