巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

全国の個性派トイレを紹介! あなたはどのトイレに入る?

『ニッポンのトイレほか』マリトモ (著)/アスペクト

[拡大写真]

あなたにとって、トイレとは何だろうか。私にとってのトイレは、「たとえ公共の場であってもひとりになれる場所」「ほっとひと息つける場所」なのである。便座があったかければ、なお良い。

居酒屋のトイレといえば、ボートで世界一周をするメンバー募集の貼り紙や、親父の小言が貼られている光景が定番。そして最近は女性客を意識してか、綿棒、うがい薬、コットン、そしてストッキングまで設置しているお店なども見かけるようになってきた。
動画投稿サイトでは、旅行で日本を訪れた外国人が、ウォシュレットに感動している動画などを見かけることがある。私自身、海外旅行から帰ってきて成田空港のトイレに入ると「やっぱりニッポンのトイレが一番だなぁ~」と実感するのである。

だがしかし、しかしである。ニッポンのトイレの凄さは、あったかい便座やウォシュレット、備品だけにとどまらない。空間そのものを素晴らしくプロデュースしたトイレがたくさん存在しているのだ!

福井県のレストランにある「庭園トイレ」は、日本庭園の中にポツンと便器(または便座)があり、とても優雅にトイレ時間を楽しめそうである。
また、東京都内に来られた方は一度くらい宣伝カーを見たことがあるかもしれない、「ロボットレストラン」のトイレは、床、壁、便座、タンク、洗面台など全てが七色に光る金ぴか仕様。なお、ロボットレストランの総工費は100億円。ダイナミック!

千葉県にある「廃墟」をテーマにしたゲームセンターでは、トイレだってもちろん廃墟仕様。
関連キーワード

ライター情報: 平野芙美/eBookJapan

通勤のお供は、本と音楽とpodcast。好きな映画は「トイ・ストーリー」と「サニー」。苦手なものは大仏。許可局員です。

URL:http://boox.jp/

2014年1月7日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品