bit

アイドルから元祖ビジュアル系に悪魔まで! “世の中をヘッドバンギングさせる本”

アイドルから元祖ビジュアル系に悪魔まで! “世の中をヘッドバンギングさせる本”
BABYMETALやロニー・ジェイムズ・ディオ、SLAYERのケリー・キングにオマージュを捧げたという『ヘドバン』の表紙。BABYMETALのジャケットデザインなどを担当する田中紫紋氏が手掛けている。
“ヘドバン”はヘッドバンギングの略である。メタルやビジュアル系(以下V系)のライブで見かける、頭を上下に振ったりぐるんぐるん回転させるアレである。
バンドメンバー全員のヘドバンがそろっているととても壮観。……といった基礎知識はさておき、そのヘドバンの名称をそのまま冠したムック『ヘドバン』が7月4日に発売された。

バブル全盛だった80年代後半〜90年代初頭にはメタリカなど、数多くのメタルバンドがヒットチャートを賑わせた。しかし2013年上半期のチャートを見る限りでは、ベスト10にランクインしているメタルやラウド系バンドのアルバムは、大御所バンドのブラック・サバスの『13』など5作ほどしかない。さらに音楽不況のあおりで音楽雑誌もバタバタと休刊しているいま、なぜ“ヘドバン”なのか? しかも「美少女アイドルの60ページ近い大特集があるらしい」「“プロインタビュアー”の吉田豪がデーモン閣下を直撃したらしい」「なぜかテリー伊藤のインタビューが入ってるらしい」などの情報が錯綜していて気になりすぎるので、編集者の梅沢直幸さんに話を聞いてみることに。

実はこのムックの誕生には、アイドルユニット・さくら学院の派生ユニットであるBABYMETALが深くかかわっているという。メタルの重低音サウンドと透明感のあるボーカルの組み合わせにキレッキレのダンスが、国内はもとより海外でも高く評価されている平均年齢14.3歳の3人組。最新シングルの『メギツネ』は、オリコンウィークリーチャートで7位という好セールスを叩き出している。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年7月8日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース