巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

お餅に飽きたら白玉はいかが?

このエントリーをはてなブックマークに追加

つるんとした喉ごしで、お餅を食べ飽きた人でもきっとおいしくいただけます。

[拡大写真]

正月も終わって、あっと言う間に2月も間近。
この1ヶ月は、雑煮だのぜんざいだのと、お餅ばかりを食べてきた。
お餅もそろそろ飽きた今、目線を変えて白玉団子なんていかがだろうか。

白玉の原材料は、もち米の粉。つまり元は餅と同じなのだが、異なる点は、その手間のかけ方だ。

もち米を水に浸して粉にして、さらに何度も水にさらして余分な物を取り除く。そして最後に固めて乾燥させた粉が白玉粉。寒い冬に何度も繰り返し沈殿させる“寒ざらし”という手法により、腐敗しにくい完璧な保存食になった。
そんな白玉粉を販売されている、白玉粉新三郎さんに、白玉粉の歴史について伺ってみた。

白玉粉新三郎さんは、江戸時代から370年以上続く白玉の専門店。
白玉粉の生まれは、はるか昔。戦国時代といわれている。敵に米を奪われないように、川に米俵を投げ込み隠した。これにより、水にさらして乾燥させる方法が生み出された……と、一説ではいわれているそう。

手間をかけているからこそ、粉の段階で冷暗所に保管すれば何年でも食べられる。さらにあの独特の結晶型は、虫が付きにくく吸水率がよいなど機能性に満ちた理想の形。
白玉粉は、もち米を無駄なくおいしく味わえるように生み出された人々の知恵なのである。

そんな白玉のオーソドックスな食べ方は、やっぱり白玉団子。つるんとした感触を味わうには、冷たくしてあんみつなどが一番。
しかし普通の食べ方に飽きた人には、ちょっと変わった食べ方もおすすめ。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2014年1月25日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品