巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大海原を見渡せる大浴場も! クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の中身がすごかった

ライター情報:古屋江美子
このエントリーをはてなブックマークに追加
ここ数年、クルーズ旅行は日本でもブームになりつつあるが、まだまだ旅のスタイルとしては、目新しいかもしれない。なかにはクルーズと聞くと、現役を退いたシニア層が優雅に長い期間楽しむものというイメージを持つ人もいるだろう。しかし最近では、5日間程度の気軽な日本発着クルーズも登場し、若い人やファミリー層からも注目が集まっている。

世界的なクルーズ会社、プリンセス・クルーズも、先ごろ2年目となる日本発着クルーズをスタートさせた。就航記念の体験クルーズに参加してきたので、大型客船の内部をたっぷり紹介しよう!

乗船した客船は「ダイヤモンド・プリンセス」。実はこれ、2004年に三菱重工長崎造船所で建造された日本生まれの船なのだ。今回、大規模な改装がおこなわれ、さらに魅力がアップしていた。

横浜港大さん橋国際客船ターミナルに停泊していた「ダイヤモンド・プリンセス」は、まるで巨大なビルのよう! 全長約290.2メートル、高さ62.5メートル。全1351客室を備える、まさに海の上のホテルだ。


客室はさまざまなタイプがあり、全1351室。この写真はバルコニーとバスタブが付いたスイート。


クルーズの場合、寄港地での観光ツアーはもちろん、船上ライフそのものが大きな楽しみとなる。船内には、プールやジム、スパはもちろん、美容室まである。さらに、ショッピングやカジノなど娯楽も充実。海の上での買い物はすべて免税なのもうれしい。


このほかにも、プールデッキには映画鑑賞が楽しめる巨大屋外スクリーン「ムービーズ・アンダ・ザ・スターズ」が備えられていたり、ラスベガススタイルのエンテターテインメント・ショーが連日連夜繰り広げられたりと、アクティブもリラックスも思いのまま!


ちなみに今回の改装の最大の目玉といえるのが、広さ約880平方メートルの洋上最大級の日本式大浴場「泉の湯」だ。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2014年5月5日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品