巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

スタジオアルタって、今、どうなってるの?

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加
スタジオアルタは、ご存知『笑っていいとも!』でおなじみの、新宿東口の有名な待ち合わせスポット「新宿アルタ」にあるスタジオ。

もともと『笑っていいとも!』だけをやっていたわけではないが、それにしても毎週月曜から金曜まで30年以上もやっていた番組が終了したのだから、今どうなっているかは、気になるところではある。

そこで、スタジオアルタに問い合わせると、実際に見学させていただけることになった。
新宿アルタの7階。スタジオのドアをあけると、おなじみの『笑っていいとも!』のセットは何もなく、周囲には暗幕が貼られ、思いのほかコンパクトな空間が広がっていた。

「ロケハンに来た方の10人中8~9人が、『こんなに狭いところで、いいともをやっていたんですか』と言います。お客様との距離が近いため、反応がすぐにわかることが、このスタジオの特徴のひとつ。お客様とスタッフ、出演者と一体感をもって30年以上も継続してきたという理由が、そこにございます」
そんな説明をしてくれたのは、スタジオアルタのメディア営業部担当部長・山本浩司さん。
床にはところどころに白い跡があるが……。
「前方の白い曲線部分が『笑っていいとも!』のセットの跡ですね。そして、この凹みの跡はタモリさんが毎日登場していた階段部分で、客席のひな壇が後方の白い部分です」

30年以上の歴史が、床に跡として刻み込まれていた。ただし、近日中に床も壁も剥離し、キレイにするとのことで、これらは一時的に見られる貴重な痕跡である。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年6月9日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品