巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

胎内記憶って本当にあるの?

ライター情報:鶴賀太郎

胎内記憶とは、お母さんの胎内にいたときの記憶のこと。ある研究によると、3人に一人が胎内記憶を持つと言うが、大抵成長と共に記憶がなくなる。胎内記憶を題材にした『かみさまとのやくそく』は現在、東京、大阪で公開中だ。

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

「胎内記憶」という言葉をご存じでしょうか? これは胎内にいるときや誕生時の記憶のことをいい、この記憶を持つという赤ちゃんや子どもがいるのです。

胎内記憶に関する証言は日本だけでなく海外も含めて多数存在し、科学的な検証も多く試みられています。ただ幼児時代に胎内記憶に対する証言をしていても、成長とともに記憶がなくなることが多いので実態がなかなか掴みきれません。

代表的な胎内記憶の証言としては、胎内は温かいプールのようだったとか、胎内から外の様子が見えたとかいうものがあります。

しかし同時に、胎児の視覚や脳の発達状況から考えて胎内記憶というものは科学的にはありえないという反論も多いのも事実。特に、よくある赤ちゃんは自分が宿るお母さんを選んで生まれてくるという証言に対しては「オカルトだ」という一言で一笑に付す人は多いです。

果たして胎内記憶は本当にあるのでしょうか?

「僕はあると思っています」

そう答えてくれたのは現在公開中の映画『かみさまとのやくそく』のメガフォンを取った荻久保則男監督。この映画は胎内記憶研究の世界の第一人者、産婦人科医の池川明医師(池上クリニック)や中部大学で人間の意識についての研究をする大門正幸教授など最前線で研究する人たちや、胎内記憶を持つという子どもの証言を中心に構成されているドキュメンタリー映画で、胎内記憶研究の取材に留まらず、親子の信頼の醸成や人間は何のために生まれてくるかということまでに踏み込もうとする意欲作です。
関連キーワード

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/ウェビナーコーチ。
国内外の著者、映画監督、経営者インタビューを得意とする。オンラインマーケターとして、ウェビナー(ウェブ+セミナー)を活用したビジネス構築もコーチ。

URL:http://webinar-c-lab.com/

2014年6月26日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品