巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

熱川バナナワニ園がレッサーパンダ天国になった理由

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

“バナナワニ園”だけど、レッサーパンダの飼育頭数世界一なんです。

[拡大写真]

日本国内でも有数の“メジャーなのに珍妙なスポット”熱川バナナワニ園。

もともと温泉の熱を利用し、ワニの飼育や熱帯植物の栽培を行っていることはよく知られているが、実際に行ってみると驚くのは、レッサーパンダが異常に多いこと! 
園の名には冠していないのに、なんとレッサーパンダの飼育数は世界一だそうだ。

いつから、なぜ、レッサーパンダ天国になったのか。
熱川バナナワニ園に問い合わせたところ、対応してくれたのは、広報担当の木田裕巳さん。

「日本にレッサーパンダが初めて来たのは、1985年11月2日、ワシントン動物園からでした。『ブリーディングローン(動物園同士が相互に動物を貸し出し・借り入れする契約)』として、日本の3つの園に1歳のつがいが来たんですが、その1つに選ばれたんです」

なぜ「バナナワニ園」なのに、レッサーパンダの預け先に選ばれたのか。実は名乗りを挙げたわけではなく、「寝耳に水でした」と木田さんは言う。
「ワシントン動物園が日本でのブリーディングローンの基地にする園を調査した結果、熱川バナナワニ園でワニの人工孵化を成功させていた実績に着目し、『珍しい生きものの繁殖ができるのではないか』ということで、ご指名があったようです」
日本に初めて来た3組のつがいのうち、他の2園のレッサーパンダは残念ながら死んでしまったそうだが、熱川バナナワニ園では無事繁殖に成功。

日本初のレッサーパンダ飼育だっただけに、飼育方法はどうやって研究したのだろうか。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年7月22日 08時16分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品