巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

スタバ、ゴディバにミスドまで 「月餅」商戦がアツい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
もうすぐ中秋の名月。日本では月見といえば団子だが、中華圏では圧倒的に月餅(げっぺい)が食される。

月餅とは、月に見立てた丸い形で、表面に文字等の模様があり、中に餡がぎっしりつまった中華菓子のこと。残念ながら日本では、コンビニのパン売り場の端の方か中華街くらいでしか見かけないが、中国・香港・台北など中華圏では、この時期の贈答品として定番化している。
個人で贈り合うこともあるが、中国大陸では法人の贈答用途がかなりの割合を占める。取引先へ贈るのはもちろん、従業員へ福利厚生の一環として月餅引換券を配る習慣があるのだ。この時期、月餅販売店には長い行列が出来ているが、購入目的の客よりも会社からもらった券の引き換え待ち客の割合が多いくらいである。

さて、季節商品として定番化すればするほど、いろいろバリエーションが出てくるのが現代。恵方巻きが全国的に定着してから、恵方巻きロールケーキなどの便乗商品がたくさん現れたように、2000年以後、月餅もいろいろな会社が参入し、さまざまな種類が出現している。今回は、日本では買えないあのブランドの月餅を購入し、試食してみた。

まずはスターバックスの月餅。日本では、え、あのスタバが月餅? と思う方も多いだろうが、2003年頃から売られており、中華圏ではすっかり定番である。


△スターバックスロゴが刻印された色鮮やかな月餅。


△中には餡がぎっしりつまっている。


△高級感あふれるパッケージに入っている。
関連キーワード

ライター情報: 前川ヤスタカ

1972年生まれ上海在住。得意分野はテレビ、美術、相撲、八重歯など。

URL:http://twitter.com/ysmkwa

2014年9月3日 08時00分

注目の商品