巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ついに日本上陸! フランス冷凍食品"ピカール"のココがすごい

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加
フランス人は冷凍食品が好きだ。いや、正確に言えば、冷凍食品専門店「ピカール」が好きだ。このピカールが日本のイオンと提携する。イオンは年内に首都圏のスーパー約10店舗で専門の売り場を設け、1年間ほど売れ筋などを調べた後、2016年にピカール商品の専門店を開く方向だそうだ。ピカールとはフランスでどんな存在なのか? 

ピカールはフランス人にとって生活の一部だ。冷凍食品の専門店だが、その品ぞろえはじつに多様で、大抵の食べ物はここで手に入る。それはブロッコリー、人参などカットされた野菜から、肉、魚の切り身、本格的なフランス料理の一皿や日本のすし、ケーキなどのデザートまで何でもありだ。冷凍食品なので手間もかからず、すぐ食べられるし、価格も手頃だ。フランス人はピカールをどう思っているのだろうか?

周囲のフランス人に聞き込んでみると、普段の食事の他に、パーティーの準備でピカールを使うと答えた人が多かった。フランス人は、よく自宅に人を招いてホームパーティーをする。ピカールに行けば、手軽にそれなりの食事を用意できて便利なのだ。会社の昼にピカールへ行き、買ったものを温めてランチにするという人もいた。

ピカールは自社で開発した独自の商品(プライベートブランド:PB)を出している。その品質に信頼を寄せる声が多い。他の小売店の冷凍食品は買わないが、ピカールのPBは買うという人もいた。理由はBIO(ビオ:有機農産物・加工品)に対応した商品が多いということ。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2014年10月15日 08時00分

注目の商品