巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

中国の"キャンパスノートすぎる"ノート達

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本でのノートの定番といえば、言わずと知れたコクヨのキャンパスノートである。シンプルさと実用性で定番の地位を勝ち取ったキャンパスノートは、すでに40年の歴史を持ち、かく言う私も学生時代のみならず社会人になっても愛用していた。

では、中国でのノートの定番は何か。答えはこれ、「Gambol(ギャンボル)」である。
中国の定番ノート「Gambol(ギャンボル)」

日本から中国に赴任してきた人は、このGambol(ギャンボル)に出会い、そのあまりの2代目キャンパスノートに似た外見に苦笑いするのだが、1カ月もすると違和感なく使うようになる。というのも、中国のノート市場において既にGambolは圧倒的な地位を築いているからだ。

韓国でハイチュウの模倣品マイチュウの方が定番になってしまったように、Campusの模倣品Gambolが席巻する中国市場。
2005年に中国進出しキャンパスノートを展開するも苦戦していたコクヨは、2012年に思い切った手を打ち、話題となった。
なんとGambolの製造元、何如文化用品からノート生産事業を承継したのである。つまり、本家コクヨが、中国で定着した「Gambol」ブランドを買い、コクヨの「Gambol」として売れるようにしたのである。この事業承継でコクヨは一躍中国市場ナンバー1のノートブランドとなった。

現在の「Gambol」。右下にコクヨのマークがある。

晴れてコクヨ製となった「Gambol」だが、細かい字で書かれた仰々しい英語文章(「Gambol notebooks, made with future technology, for tomorrow's most outstanding achievers」)はそのまま。
関連キーワード

ライター情報: 前川ヤスタカ

1972年生まれ上海在住。得意分野はテレビ、美術、相撲、八重歯など。

URL:http://twitter.com/ysmkwa

2014年11月13日 08時10分

注目の商品