巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

夕方から開く“コンテナ”の不思議な魚屋さん

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加
近所にあると嬉しいのが、良い八百屋さんや魚屋さん。でも、仕事後の夕方以降に行くと、閉まっている店や商品がない店も多いのが、残念なところだ。
そんななか、見つけたのが、中野坂上駅近辺にある、夕方4時から夜9時の間だけオープンする不思議な魚屋さん。その名も「さかな屋」(そのまんま!)だ。

いつの間にか駐車場に唐突に建っていた水色のコンテナは不思議な佇まいで、およそ魚屋さんに見えない。しかも、昼間は窓に雨戸や断熱材が取り付けられており、夕方になるとぽつんと灯りがつく。

小さな店舗に入ると、「本日の産地別入荷状況」がホワイトボードに書かれており、ケースには種々の刺身がズラリと並ぶ。

ほかにも煮付けや照り焼き、塩焼きなどもあり、180円(税別)で炊きたての新米も炊飯器からよそってくれる。

一人暮らしなら、ここでご飯と魚を買って帰り、汁と漬物でもあれば立派に夕食になる。

店主のご夫婦に聞いたところ、この店がオープンしたのは今年8月下旬。なぜ夕方から開店しているのか聞くと、こんな話をしてくれた。
「もともと近くでお寿司屋をやっていたんですが、そこを息子に譲ることになって、昼は息子の店を手伝うので、夕方から営業しているんです」

営業時間帯も謎だったが、その佇まいもなんだか謎。どうしてこの場所で、こんな感じの店を?
「近所で魚屋さんをやれる場所がないか探していたんです。そしたら、駐車場に空きがあって。一から建てたら大変なお金がかかるから、コンテナにしました。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年11月16日 08時00分

注目の商品