巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

お値段453万円、縦幅は1メートル! すべてが規格外の本『アメリカの鳥』とは

ライター情報:古澤誠一郎

このエントリーをはてなブックマークに追加
この金額を見たら、誰もが「え?」と思うはず。
全4巻セット¥4,536,000(税込)
まず、「4巻ってことは……この値段で本なの?」と思うし、「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん……よ、四百万?」と数えてしまった人もいるだろう。

このあまりに規格外な価格の本は、2014年10月に発売になった『アメリカの鳥』(雄松堂書店デラックスファクシミリ版)。ちなみにファクシミリ版とは、オリジナルを忠実に再現した「複製本」のことで、決してFAXでウィ~ンと送られてくるわけではない。
『アメリカの鳥』の製本版全4巻セット。用紙は1899年の創業の紙の専門商社「竹尾」のオーダーメイドのものを使用。製本は京都の老舗「大入」がオンデマンドで行う。

では何がデラックスなのかというと、そのサイズ。この本、縦が1メートル、横が68センチメートルという超大判で、そこにはタイトル通りアメリカの鳥たちがデカデカと描かれているそうなのだ。
持ち運ぶのも二人がかり!

これは現物を一度見てみたい……と思い、発売元の雄松堂書店を訪問。制作・販促を担当しているサブジェクト営業部 国際事業室の松野夏生さんに話を伺った。

そもそも『アメリカの鳥』とはどんな本なのだろうか。調べたところだと、ジョン・ジェームズ・オーデュボンという人の19世紀の作品で、収められた図版は435点。ペリー来航時には日本政府にも寄贈されたそうだが……。

「オーデュボンは1785年にハイチで生まれ、画家、科学者、自然愛好家として知られる人物です。『アメリカの鳥』は、彼がアメリカに渡った後で描きためられた北米の鳥の水彩画の作品をもとに、1827年から11年間かけて彩色版画で出版されました。
関連キーワード

ライター情報: 古澤誠一郎

フリーライター。音楽、サッカー、本、演劇などが好きですが、何でも書いているので自分でも何が専門なのかよく分かりません。

URL:https://twitter.com/furuseiro

2014年12月5日 09時00分

注目の商品