巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

欧州で進化を遂げた「アップルギョーザ」、気になるその味は?

ライター情報:加藤亨延
海外で独自の進化を続ける日本食。その担い手は日本人以外かと思いきや、じつは日本企業が、海外向けに新しい切り口を売り出そうとしている場合もある。その一つが、食品大手「味の素」が欧州で発売する「アップルギョーザ」だ。一体どんな商品なのか? ヨーロッパ味の素社に聞いてみた。

「アップルギョーザは、餃子の中身をひき肉ではなくリンゴにした、デザート感覚の商品です。3種類のリンゴを使った果肉と、そのピューレをギョーザの皮で包みました。焼きギョーザではなく、揚げギョーザとしてお召し上がりください。お好みによってシナモン、チョコレートクリーム、アイスクリームなどを添えてもおいしいですよ。2月から現地日本食材店の店頭に、順次並んでいく予定です」(担当者)

同商品は、手始めにドイツ、英国、オランダ、フランスなど西欧で売り出されるそうだ。なかでもドイツや英国など、揚げ物文化の国からの引きが強いという。またそれら国々は、今回の商品に限らず、新しいものを取り入れようとする傾向が、他国と比べて強めでもあるのだとか。しかし、なぜギョーザにリンゴを入れることになったのか。

「ギョーザを売り出していく過程で、デザートもないのかと問い合わせを受けたことがきっかけです。中身はリンゴの他に、ピーチ、クランベリー、洋梨なども試しましたが、試行錯誤の結果、まずは消費量が多く、もっとも馴染みがあるリンゴで行こうということになりました」(同)

「ギョーザなのにリンゴ」と聞くと「えっ!?」と思う日本人は多いだろう。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2015年1月29日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品