巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ねこ好き編集長「人間を相手にしたくなくて」 創刊20年 月刊『ねこ新聞』

『月刊 ねこ新聞』は、ねこが好きな人に愛されて創刊20年。2月12日に発行された最新号で180号を迎えた。タブロイド判、カラー8ページに及ぶ紙面は、名画から選び抜かれたねこの絵や、ねこが登場する文学作品などで構成され「世界一、文学的で美しい新聞」として「ニューヨークタイムズ日本版」で紹介されたこともある。22日の「ねこの日」を前に編集部を訪ねた。
『月刊 ねこ新聞』既に180号に達する。熱烈なファンに支えられている。

●「人間を相手にする仕事は、もうしたくない」
月刊『ねこ新聞』は編集長を務める原口緑郎さん(74)が1994年7月に創刊。副編集長は奥様の美智代さん(74)だ。緑郎さんの父親はねこが大好きだったこともあり、子どもの頃は多い時には15匹のねこに囲まれて育った。
「貧乏な医者の家だったけど、ねこがたくさんいて、本もたくさんあって、その隙間の空いたスペースで寝るような生活をしていました」(緑郎さん)
緑郎さんは中東で仕事に励んでいたものの挫折を経験。「人間を相手にする仕事はもうしたくない」との思いで『ねこ新聞』を発行することを思いついた。緑郎さんも美智代さんも編集経験はなく、ゼロからのスタートだった。
『吾輩のご主人―天才は猫につくられる』(河出書房新社) 緑郎さんの連載「愛猫家列伝」に加筆した一書。

●コネなし! ねこが好きそうな人に直接オファー
これまでの執筆陣は数百名にも及ぶ。浅田次郎、山田洋次、群ようこ、横尾忠則、森村誠一、加山雄三、養老孟司、赤瀬川原平、川上麻衣子、清水ミチコ、斉藤由貴、町田康、蝶野正洋(文)、ビートたけし、いわさきちひろ、やなせたかし(絵)など錚々たるメンバーだ。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2015年2月12日 10時15分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品