巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「私は大会に出ない」伊達公子が引き起こした騒動とは

ライター情報:さのゆう
現在、日本のテニス界でもっとも有名な人物といえば錦織圭だろう。しかし、クルム伊達公子を忘れてはいけない。彼女は37歳で現役復帰後、ツアー優勝やトップ10の選手の撃破など信じられない活躍を見せている。しかし、1回目の現役引退をする前はもっと凄かった。
今回はそんな彼女の全盛期の輝きを紹介していこう。

【輝かしい成績】


伊達公子の1回目のプロ生活は1989年にスタート。相手の打ったボールをバウンドした直後に打ち返すという高度な「ライジングショット」を武器に1992年にツアー初優勝。その後も活躍して四大大会では

全豪ベスト4(1994)
全仏ベスト4(1995)
全英ベスト4(1996)
全米ベスト8(1993・94)


という輝かしい成績を残した。さらに世界ランキングでは95年11月に4位(錦織圭の最高ランキングと同じ)を記録するなど、名実ともに世界のトッププレイヤーの一員だった。

【1996年のグラフとの名勝負】


また伊達の凄さを象徴するのが、当時の"絶対女王"シュテフィ・グラフとの名勝負だ。
グラフは歴代の女性選手の中でも最強に近く、男子に例えるなら全盛期のフェデラーと対戦するようなもの。1996年、そのグラフに対して伊達は2度の名勝負を演じた。

フェドカップ
まず、4月に行われたフェドカップ。伊達はグラフと対戦するが、歩くのさえ痛いほどの故障を足に抱えて練習もできないほどだった。そのせいか、第1セットを0―5としてしまう。

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

2015年5月22日 13時10分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品