巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

日本人も? ホテル従業員が語る各国のトンデモ客

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加

パリのホテルにはさまざまな客が訪れる。そのためホテル従業員は、世界各国からやって来るゲストの文化差異に戸惑うことは日常茶飯事だ。彼らの行動の中には対応に苦慮するケースも多いという。どんな悩みが多いのか? パリのホテルで働くレセプショニストたちに、現状を聞いてみた。

ゴミやニオイ……部屋を汚す客


ホテルにとってまず困るのが、部屋を汚す客だ。汚すといっても、多少散らかしてチェックアウトするという程度ではない。市内5つ星ホテルで働くレセプショニストは言う。

「彼らの習慣なんでしょうか、中東の富裕層のお客様の場合、いらなくなった食べ物、飲み物はすべて床に捨てます。そのため部屋のあちらこちらで食べ残しの料理が床に散乱し、チェックアウト後の清掃に入ると、カーペットには捨てられた飲食物が染み込んでいます。そこから元の状態に戻すには、かなりの時間と費用を要します」

タバコのにおいを取り除く作業も大変だ。

「パリは屋内での喫煙は法律で禁止されています。ただし5つ星ホテルの場合、お客様のことを考え、客室内の喫煙はある程度は大目に見られることがあります。そのタバコのにおいを抜く作業も、とても手間がかかります」

においはタバコだけではない。スパイスの香りもホテルを困らせる。市内チェーン系ホテルのレセプショニストは語る。

「私が働くホテルはキッチン付きのアパートメント型ではないのですが、インドのお客様がご宿泊された時に、部屋の中で何か調理をされたのか、スパイスの香りが強く残っていました。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2015年9月19日 10時00分

注目の商品