巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ゾウの鼻毛はどうなっているのか解説「すごい動物学」

ライター情報:mic(ミック)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゾウの鼻がどういう仕組みになっているかご存知だろうか? ゾウの鼻先部分(指のように少しとがっているところ)は私たちの鼻の頭に相当し、ゾウの鼻先の下の部分は我々の上唇の先に相当するのだそう。「よく悪ガキが鉛筆を鼻の下に挟んでふざけるが、ゾウ鼻の使い方はそれと同じ原理。」という。「すごい動物学」(永岡書店)の中で解説されている内容である。

動物の生態をおもしろく解説



先日、12月23日公開の壮大なネイチャードキュメンタリー映画「シーズンズ 2万年の地球旅行」のアフレコ会見でMCを務めていた際、日本語監修の新宅広二さんから、著書の「すごい動物学」を紹介いただいた。同書ではゾウをはじめ様々な動物の生態を新宅さんが独自の目線で面白おかしく解説してくれている。

ゾウが水を飲むときは、鼻をストローのようにして吸って飲むのではなく、鼻にためた水を口に持っていって、それを吸って飲んでいるのだとか。へぇ~へぇ~へぇ~、言われて見ればそんな仕草見たことあるかも。ほかにもゾウの鼻技テクニックが多数紹介され、「じゃぁ、ゾウの鼻毛はどうなっていると思いますか?」という問いもある。あの長くて大きな鼻の中は果たしてどうなっているのか? その答えは、読んでみてのお楽しみ。

「すごい動物学」を読むとゴリラに対するイメージも覆される。"ゴリラ"と聞くと、大きくて黒い動物、獰猛で怖いetc…映画「キングコング」を思い出す人もいるだろう。
関連キーワード

ライター情報: mic(ミック)

ねこ女優・シネマスタイリスト。
コラム執筆、TV・ラジオにて様々な映画を紹介。舞台挨拶や来日記者会見のMCも。一方、女優としてひとり芝居や映画出演も

URL:micオフィシャルサイト

2015年12月24日 12時00分

注目の商品