巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

縄文時代好きが高じてフリーペーパーを作った望月さん、火炎土器に夢中

縄文時代の魅力を伝えるべく1冊まるごと縄文時代について書いたフリーペーパー「縄文ZINE」を作っている人物がいる。32ページに及ぶ内容をほぼ1人で手がけているのだが、一体そのモチベーションはどこからくるのか? 編集発行人の望月昭秀さんに伺った。

最新号の特集は「土器は燃えているか」


▲「縄文ZINE」第2号は1月に発行されたばかり

▲特集「土器は燃えているか」気になる方は今すぐ入手を!


最新号(第2号)の特集は国宝の火炎土器をテーマにした「土器は燃えているか」。望月さんは取材のため、十日町市の『十日町市博物館』と津南町の『なじょもん』を訪れた。

――望月さんにとって、火炎土器の魅力はどこにあるのでしょう?
「燃えさかる炎のような圧倒的な迫力をもつ火炎土器は、『縄文の華』とも称され、縄文1万5千年の歴史のなかで500年間だけ現在の新潟県の信濃川流域で作られました。煮炊きするには不便なように見えますが、特別視されていたわけではなく、普通使いされていたようなのです」

――そもそも、なぜ縄文時代に興味を?
「土器の模様を一つとっても一つ一つの模様にどのような意味があるのか気になりますし、土偶にしてもなぜあのような形になったのか、疑問に思ううちのめり込んでいきました。縄文時代は戦国時代や江戸時代などに比べるとテレビではあまり取り上げられませんが、面白い話はたくさん残ってるんです。大河ドラマも縄文時代をテーマにしたものがあってもいいと思ってるほどです」

――確かにあまりクローズアップされませんよね。誌面に「縄文遺跡が全国で何カ所くらいあるか」という話が出てきますが分かりませんでした。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2016年2月16日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品