巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

露天風呂で号泣しながら「ありがとう」と叫ぶ 感謝を飴に託す記念日を体験してきた

2016年2月19日 07時00分

ライター情報:寺西ジャジューカ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2月14日は、言うまでもなく「バレンタインデー」。自分の好意(恋愛感情)をチョコレートに託し伝える日でありますが、昨今では感謝の意を伝える意味合いが強くなっている気もします。

話は変わって、3月9日。この日は、「サン(3)キュー(9)」の語呂合せで「ありがとう記念日」と決まったようです。制定したのは、涙を流す活動「涙活」でおなじみ全米感涙協会。

感謝の気持ちを"飴ちゃん"に託す「ありがとう記念日」


「ありがとう記念日」誕生の背景には、昨年7月に設置された「天国ポスト」があります。コネタでも紹介していますが、「もう会えなくなった人(亡くなった人)に、思いを書くと届けてくれる」がこのポストのコンセプト。
「天国ポストには1000通を超えるはがきが届いています。その中でも多かったのは、『ありがとう』というメッセージでした。『ありがとう』と伝えたい人が生きているならば、やはり感謝は伝えていただきたい。その機会を広めたいと考え、記念日として制定いたしました」(「涙活」プロデューサー・寺井広樹氏)

バレンタインではチョコレートで気持ちを伝えますが、「ありがとう記念日」では飴を渡して感謝を伝えるそう。
「特に関西では飴の携帯率が高く、"飴ちゃん"と親しまれています。飴はコミュニケーションのツールとして最適です」(寺井氏)

温泉で足湯に浸かりながら「涙活」


3月9日「ありがとう記念日」に先駆け、「天然温泉 満天の湯」(神奈川県横浜市)にて「露天風呂で『ありがとう』を叫ぶ」なる涙活イベントが開催されています。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

注目の商品