巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

豚肉なしでも「とんかつ」の味ソックリ? 八王子C級グルメ「パンカツ」

2016年2月23日 10時00分 ライター情報:松岡佑季

各地域への集客の起爆剤となる「ご当地B級グルメ」。ラーメンからハンバーガー、どんぶりなど定番のものから、「なんだこれ!」となるようなビックリするものまであり多様だ。

地方がメインと思われがちだが東京都八王子市にも、ご当地グルメがあった。その名も「パンカツ」。しかも、B級ではなくC級だという。今回、パンカツの普及活動をしている日本パンカツ協会の加藤一詞さんと鳥海剛史さんにヒストリーをうかがった。

――なぜB級ではなく、「C級」グルメなんでしょうか?
加藤さん「CheapのC、CommunicationのCでもあるのですが、何よりパンカツは、食パンに小麦粉をつけて焼いただけなので、B級と言ってよいものかということもあり、C級グルメと呼んでいます」
――どうして八王子ご当地グルメになったんですか?
加藤さん「パンカツのご当地ヒストリーとしては、元々は浅草が発祥で、八王子までリヤカーで売りに来ていました。その後、八王子のお好み焼き屋でも提供されるようになり、地元に根付いていきました。現在は八王子の『やまと』『夕やけ』など5店舗ほどでしか食べられません。普及活動の一環でフェスタなどでも提供することがありますが、すぐにでも食べたいというようであれば現地に行くしかないです」

実食!こんがり焼けたパンカツはまるでとんかつ?


パンカツ提供店舗の有名店で、1958年創業と半世紀以上続く「やまと」にお邪魔した。ここでは、スタンダードなパンカツ(280円)とチーズパンカツ(430円)が食べられる。
関連キーワード

ライター情報: 松岡佑季

IT企業の会社員×フリーライター×インタビュアー。東京在住、週末地方。
地方・グルメ・キャリア・Webマーケティング系の記事を書いています。

URL:https://twitter.com/matsuokayuki3

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品