巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ジュンク堂書店」ブックカバーの謎デザインは何を意味しているのか

ライター情報:茶柱達也

先日、「ジュンク堂書店」のブックカバーがふと気になった。ローマ字で斜めに印刷された「JUNKUDO」の文字の上にあるデザインをいつも目にしているのに、そういえばこれが何なのかよくわからない。一体誰の作品なのか。そして、これは字なのか、それとも絵なのか……。丸善ジュンク堂書店広報に問い合わせてみた。

正体は兵庫県西宮市の芸術家である津高和一氏の抽象画だった。兵庫県神戸市で創業したジュンク堂書店の幹部が津高氏と面識があったのがきっかけで、1986年に新しいブックカバーを作る際にデザインを依頼したという。津高氏からは計6点のデザイン案が提示され、検討の結果現在のものが採用された(当時はカバー全体に大きく印刷されていていた)。「JUNKU」の文字を有名人のサインのように繋げて書いたものではと筆者は考えていたが、「特にモチーフはありません」とのことだ。

津高氏本人にも詳しく話をお聞きしたかったが、残念ながら阪神淡路大震災で亡くなっていた。調べてみると津高氏は「日本を代表する抽象画家」と言われ、海外でも高く評価されている人物だった。大英博物館にも作品が所蔵されている。作品集を見てみると、ジュンク堂のブックカバーの抽象画のように、筆で描いたような線で構成された作品を数多く残していることがわかった。

津高氏の抽象画の特徴について、1996年に追悼展、2011年に生誕100年を記念した「架空通信展」を企画した西宮市大谷記念美術館に話を伺った。

ライター情報: 茶柱達也

コネタ編集部所属。86世代の東京生まれ。なのに東京の地理がさっぱりわからない。趣味は映画、野球、茶畑巡り。日本茶インストラクターという資格をとりました。

2016年4月21日 17時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品