巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

歌舞伎町の野ネズミ捕食しサバイバル生活 "本家"と同日「24時間」のカオスな生配信


8月27日~28日にかけて放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。さてこの同じ2日間、本家をしのぐ感動を味わえるビッグイベントが開かれるのをご存知だろうか?

場所は新宿・歌舞伎町。ホストにキャバ嬢、社会学者にジャーナリスト、AV嬢に風俗嬢などなどカオスな街にゆかりの面々およそ50名が、不夜城を舞台に24時間暴れまくるというものだ。そんな猛者たちを束ねる総合司会は、「見えない世界の案内人」との異名を持ち、ネット上でレギュラー番組のMCも務める"全盲"の男性、通称「ハジくん」。24時間ぶっ通しで、気力、体力の限界に挑むという。

ゴールデン街のチャリティイベント


手塚マキさん

そんなイベントの詳細を、発起人である手塚マキさん(38)に話を聞いてみた。この方、かつては歌舞伎町のカリスマホストとして鳴らし、現在はホストクラブ4軒、ゴールデン街でバーを3軒などを経営する立派な実業家。そんな彼がこのチャリティイベントを立ち上げた裏には、歌舞伎町、そしてゴールデン街への深い「愛」が隠されていたのだ。それはのちほどとして、まずはイベントの正式タイトルから。

「『24時間TOCACOCAN(トウカコウカン)TV』がイベントタイトルです。この"トウカコウカン"とは歌舞伎町の一角にある、インターネット配信専用スタジオの名前。読んで字のごとく"等価交換"をさします。もともとそこに、パチンコメーカーが店の換金所を造ろうと工事を進めていたのですが、その計画が頓挫。

ライター情報: 内堀たかふみ

放送作家・ライター。ご用件のある方はutf0222@gmail.comまで気軽にどうぞ。

2016年8月26日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品