巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

26時間でサービス終了したオンラインゲームを“古参”プレイヤーが悲しむカオスな事態

ライター情報:和泉涼

「カオスサーガ」公式サイトより。

[拡大写真]

DMMの新作オンラインゲーム「カオスサーガ」が11月15日にサービスを開始するも、わずか26時間30分でサービスの終了を発表した。この異例の事態に“古参”プレイヤーがTwitter上で悲しみの声をあげている。

カオスサーガ、終了までの道のり


「カオスサーガ」は公式サイトを大々的に開設し、日中韓のクリエイターを揃え、「アジアのゲーム力で世界に感動を届ける」という言葉を掲げるなど、期待度の高いゲームと思われていた。事実、事前登録者だけでも1万人を突破していた。




しかし11月16日15時30分、“サービス終了のお知らせ”と突如発表。「平素より『カオスサーガ』をご利用いただき、誠にありがとうございます」という文面で始まり、“諸事情”によるための終了を告げた。

これには「久々にワロタ」「平素。意味:『普段から』、『日ごろから』を丁寧に表現した言葉」「平素より(26時間)」「ギネス記録を狙ったのか?www」「平素よりご利用できる時間がなかったでござる」とツッコミの嵐が巻き起こっている。

「昔からやっていた身としては悲しい……」!?


この絶好のネタを前にして、ネット民はツッコミだけでは収まらない。現在ネットでは「昔から遊んでいたゲームなのでカオスサーガのサービス終了が本当に悲しいです」「昔からやってたゲームなだけにサービス終了は残念だよね」「今後出るゲームもとても期待しています。長い間本当にお疲れ様でした!」「カオスサーガもついにサービス終了か……時の流れは早いな」「カオスサーガだけは飽きずに続けられたのに… 本当に残念で仕方ないです」と、サービスの早期終了にかけた大喜利が開催されてしまっている。
関連キーワード

ライター情報: 和泉涼

フリーライター。都内在住。

2016年11月17日 21時16分

コメント 1

  • マメタンク 通報

    びっくりだニャ~!

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品