巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

3

大賞は「ほぼほぼ」! 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2016」発表会に行ってきた

新明解国語辞典など、多くの辞書を出版している三省堂。辞書を編む専門家が選んだ「今年の新語2016」発表会が12月3日に行われた。
三省堂提供


三省堂の「今年の新語」とは、すぐ忘れられる流行語ではなく今後の辞書に掲載されてもおかしくないもの。今年とくに広まったな、と感じられる言葉だ。そのため、今年誕生したかどうかは問わない。実は昔からあったが、あまり使われていなかった言葉が徐々に広まり、日常的に使われるようになるという現象に注目している。

応募総数2834語の中から、辞書を編む専門家が選んだベスト10を発表。選ばれた言葉には 「国語辞典風味」の語釈をつけて紹介された。
三省堂提供


2016年はどんな言葉が登場?



まずは、選ばれた新語を見てみよう。
10位 パリピ
9位 エゴサ
8位 食レポ
7位 VR
6位 スカーチョ
5位 ヘイト
4位 レガシー
3位 ゲスい
2位 エモい
大賞 ほぼほぼ

発表会では特別ゲストに伊集院光さんを招き、選考委員(小野正弘さん、飯間浩明さん、瀧本多加志さん)とのトークセッションが行われた。
三省堂提供


さっそく、10位の「パリピ」で会場から笑いが起こった。実は2014年にも「パーティーピーポー」という言葉があった。そこから英語の発音を意識した「パーリーピーポー」になり、さらに省略された「パリピ」になる。この過程で意味も変化して、ただ集まって盛り上がることを好む人たちを指すようになっている。

「もともと感覚的にできた言葉だから、理由なんかないのでは?」と語る伊集院さん。
関連キーワード

ライター情報: 村中貴士/イベニア

大阪出身。日々エッジの効いたネタを探し続けるフリーライター。得意ジャンルはサブカル、テレビ、
音楽、現代アートなど。自称・無料イベントマニア。

URL:Twitter:@LR445

2016年12月9日 07時50分

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    でも「ほぼほぼ」を使ってる人など私の周りでは見かけない。 流行語、新語等を使いたがる"層"というのがあって、私はその"層"に縁が無いのかも知れない。

    3
  • ブチ猫 通報

    ウチの辺りでは方言に置き換えられてしまいます。

    0
  • 匿名さん 通報

    ほぼほぼゲシュタルト崩壊

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品