巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

いまや日本に3人のみ 81歳の最年長銭湯絵師・丸山清人さんに密着

ライター情報:スズキナオ

私が普段から通っている銭湯が大阪・京橋の「ユートピア白玉温泉」だ。露天風呂や寝風呂、座風呂、電気風呂など多彩なお風呂があって、大人440円の入浴料でサウナにも入れる。ロビーが広く、ソファやテーブル席も用意されていて、湯上りにのんびり生ビールを飲むこともできる。

サービス満点かつ居心地がよくて大好きな銭湯なのだが、その「ユートピア白玉温泉」に丸山清人さんがペンキ絵を描きにやってくると聞いた。丸山清人さんは2016年の9月で81歳になる銭湯のペンキ絵師である。関東の銭湯ではおなじみのペンキ絵。雪を頂いてそびえ立つ富士山が描かれているのが典型的なパターンで、広いお風呂に入って雄大な景色を眺めることで日常から少し逃避したような気持ちに浸ることができる。

現役の銭湯のペンキ絵師は3人のみ


銭湯が年々減少しつつある今の時代にあって、ペンキ絵を描く絵師も貴重な存在となった。前述の丸山清人さん、丸山さんの兄弟弟子である中島盛夫さん、その中島盛夫さんに弟子入りした若き後継者・田中みずきさんの3人のみが現役で活躍しているという状況だ。

3人の中でも最年長の絵師である丸山清人さんが今回大阪の「ユートピア白玉温泉」にペンキ絵を描くことになった経緯をざっと説明したい。日本三名山にも数えられる石川県の霊峰・白山は、717年に泰澄という僧が開山して以来、来年で1300年という記念の年を迎える。「加賀地域連携推進会議」が行う開山1300年の記念事業の一つとして、その白山を銭湯の壁に描くというアイデアが生まれたところに、「ユートピア白玉温泉」の創業者が石川県の小松市出身だった縁もあり、企画が実現することになったという。
関連キーワード

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2016年12月28日 12時45分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品