巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

司書さんは猫! モフモフが出迎えてくれる謎の「猫の図書館」に行ってきた

2017年4月15日 11時30分 ライター情報:まめこ


先日、大阪のオフィス街・淀屋橋を歩いていたところ、「小さな庭と猫の図書館」という不思議な看板を発見! 司書猫が常駐しており、コーヒーを飲みながら、猫の本が読める夢のような空間とか……。 どんな本があるのか? そして、どんな司書猫さんが……? 気になって入ってみることに。


ネクタイをした司書猫さんがお出迎え


雑居ビルのエレベーターを4階に上がっていくと屋上庭園があり、さらに螺旋階段で5階へ登っていくと、洒落たオフィスのような空間が広がっていた。

壁には猫の本がずらり。絵本、写真集、画集、小説、コミック、洋書などオールジャンルの猫本がなんと700冊以上も揃い、現在も増殖中とか。

街中のいろいろな場所に「本のある場所」をつくることで、人と人のつながりを生み出し、街をもっとおもしろくしようとする試み、「まちライブラリー」としての役割も果たしているそう。


5階にあがると、ラグドールの司書猫、シュレさんがお出迎え。もっふもふの毛皮+レジメンタルのネクタイがトレードマークのハンサム君です。
館長の廣瀬眞理子さんによれば、勤務時間中はこのネクタイをしているそう。普段は外していて、オンオフの切り替えもばっちり、さすがデキる男はちがいます……。

会話しているとテーブルに乗ってくるなど、お客様に興味津々のシュレさん。もともと廣瀬さんの飼い猫だったそうで、2014年12月2日のオープンより司書に就任。
「シュレはお客様大好きで、皆さんが心地よく過ごせるよういつも巡回しています(笑)。私がお客様を送り出すとき、一緒にガラスごしに見送っていることも多いんですよ」と廣瀬さん。

猫とふれあうことが目的のいわゆる猫カフェとはひと味違い、 ここで仕事や勉強をしたり、近隣の会社がアイデアミーティングに活用するなど、多目的スペースとして使われているという。コンセントはもちろん、無料Wi-Fiも完備しているのでノートパソコン持ち込みもOK。1人で来館するお客さんが大半だそうで、この日も、窓際の席に資料を広げて勉強中のビジネスマンの姿が。
関連キーワード

ライター情報: まめこ

かわいいもの、甘いもの、古いものを愛するフリーライター。好物=ほうじ茶

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    ふてネコの春馬くんの方がいいな

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品