巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

ドラマ『あなたのことはそれほど』、原作との違いでどうしても気になるアレ

2017年5月2日 11時30分 ライター情報:田幸和歌子
どういう展開になっていくのか、気にはなります 
※画像は『あなたのことはそれほど』公式サイトのスクリーンショット

原作はいくえみ綾の人気コミックで、波瑠が主演するW不倫ドラマ『あなたのことはそれほど』。

「爽やか不倫」「キラキラ不倫」と言われたり、東出昌大演じる嫉妬に狂う夫の“冬彦さん化”が注目されていたりするなか、原作ファンからは「イメージと違う」という声が放送開始前から多数あった。

最も多いのは、「いい人だけど、見た目はサエない“子熊”のような夫」をスラリ長身で、どう見ても目立つ東出が演じていること。

放送が開始されてからも、この違和感はどうしても拭えないものの、妻の携帯を盗み見する目の表情などはかなり原作に忠実で熱演していると思う。

その一方で、個人的にはどうしても気になって仕方ないのが、主人公・美都と「初恋の人」有島の関係性、初恋の描き方の違いだ。
画像出典:Amazon.co.jp「あなたのことはそれほど 3


原作と異なる美都と有島の関係性


ドラマでは「抱きしめられそうになった美都が、とっさに有島を突き飛ばしてしまい、それ以来、口をきいてもらえないまま、有島が引っ越してしまう」という展開だった。
だが、原作では有島は美都にとって「初めての人」。しかも、美都に部屋に誘われ、なんとなく「騒音(カラオケ)をBGMに わけがわからないまま無我夢中で終わった 中2の冬」という初体験だった。
それどころか、もともと有島を好きな美都がいつも目で追っていると、有島はそれを感じて友人に「あいつきもちわりィ なんかいつも目ェ合う……ずっと見てる」とこぼしているくらいだったのだ。
それなのに、なぜドラマでは「ヤッちゃってない」し、「美都に拒まれた」ことになっているのだろうか。

これって下世話かもしれないが、非常に大きな違いだと思う。そして、美都というキャラクター、有島というキャラクターを理解する上で、変更してしまっては成り立たない要素だったのではないだろうか。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

コメント 2

  • ジーノ 通報

    キャスト設定も、視聴率を意識したから人気ある二人を主役に立てたと思ってしまうほど、残念。ミツ役とレイカ役は配役が真逆な気がしてならない。

    16
  • 匿名さん 通報

    とりあえず、昼過ぎにやるドラマやろ? あと不倫後押しするようなドラマはいらないわ

    10
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品