巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

水を飲むとお腹が鳴るのはなぜ? 消化管の研究者に聞いてみた

2017年6月26日 08時00分 ライター情報:石原亜香利

お腹がグーっと鳴るのは、お腹が空いたという合図、というのは誰もが知っていることだ。しかし、他にもお腹が鳴るときがある。例えば、何かを飲んだときなどに鳴る「ゴニョゴニョゴニョ」という音。果たして、この音は胃にどのような変化が起こって鳴っている音なのか。消化管の研究を行う、埼玉大学大学院理工学研究科の坂井貴文教授に聞いてみた。

お腹は常にギュルギュル鳴っているらしい


「消化管は絶えず、収縮運動をしています。内容物を絞り出したり、混ぜたりするような動きです。この動きに伴い、お腹の中はいつも音がしています。お医者さんは胸やお腹に聴診器を当てますが、お腹辺りからはいつもギュルギュルという音が鳴っているのです。外まで聞こえるのは、特に強く蠕動(ぜんどう)運動が起こったときです」

お腹の中は、常にギュルギュルなっていたようだ。そして、たまたま強く動いたときに、外まで音が漏れただけだった。

空腹時は激しい収縮が起きている


「お腹が空いたときには、強く収縮する蠕動(ぜんどう)運動が起こるので、大きな音が鳴ると考えられています。胃から小腸へ向かって内容物を送り出すとともに消化管内のバクテリアを一掃し、次の食事に備えてくれているのです。この空腹時収縮がないと、ひどいときには小腸に悪い細菌類が繁殖してしまうこともあります」

お腹が空いてグーっと鳴るときには、そんなすごいことが起こっていたとは驚きだ。

水を飲んだときに鳴るゴニョゴニョという音は?


では、水などの飲み物を飲んだときに鳴る「ゴニョゴニョゴニョ」という音はいったい何の音なのか。
関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

URL:http://akari-ishihara.hatenadiary.jp/

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品