巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

3

パリの公園に全裸エリアが期間限定オープン 裸でピクニックもOK!

2017年9月1日 20時00分 ライター情報:加藤亨延
着ていた服を空へ投げる参加者

パリのナチュリスト(ヌーディスト)たちの願いが、かなうことになった。8月31日から10月15日、8時から19時30分までという期間と時間で、パリ市はナチュリストのためのエリアを、市内東部に広がる公園「バンセンヌの森」に設けた。ナチュリストとは、自然との調和を求め、全裸で生活することを主義とする人。そんな彼らが心置きなく外で服を脱げる場所が、パリで公に認められたのだ。

今までパリでは、週3日、夜の時間帯をナチュリスト向けに解放する公共プールはあったが、今回のように公園の一部で許可を出す試みは初だ。

パリ市との1年におよぶ交渉で勝ち取った許可


このパリのナチュリストにとっての歴史的な日に「昨年9月から1年間パリ市と交渉してきた。すごく、うれしい」と語ってくれたのが、パリ・ナチュリスト協会会長のローレンス・ルフトさんだ。同協会は1953年に設立され、現在363人の会員を抱えるパリにおけるナチュリストの集まりである。
パリ・ナチュリスト協会会長のローレンス・ルフトさん


パリ・ナチュリスト協会は、会員数ではフランス国内の他地域のナチュリスト協会と比べて多いものの、自前の活動拠点を持たない。一方で、例えばパリ郊外にある協会は、会員数ではパリに及ばないものの、協会としてプールやコテージがついた広い敷地を持っており、その中で活動できる。そのため今回の許可は、施設を持たないパリ・ナチュリスト協会にとって悲願だった。

パリ市との交渉で特に難しかったのが、公園内の規定を変えること。そして、バンセンヌの森の近くに住む住民との合意形成だったという。そして今回の許可をきっかけに、来年以降も可能であれば今回よりさらに長い日程と時間で行なっていきたいと考えている。

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    これ日本も見習わなきゃ

    3
  • 匿名さん 通報

    男の写真載せるなよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    イスラム(とIS)に対してフランスの価値観を示す、という意味合いもあるのかな?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品