巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

18

年間520万人が自転車旅行 なぜドイツ人は自転車にハマるのか?

2017年9月9日 11時30分 ライター情報:田中史一
ベルリン中央駅での様子

「私の感じでは、アメリカ人もかなり勇敢だが、ガンバリがきくという点で、やはりドイツの青年の足もとに及ばないであろう。」
小田実著『なんでも見てやろう』


夏のドイツは、フル装備の自転車に、大きな荷物を下げて、猛スピードで走り抜ける人々でいっぱいだ。彼らを見かけるたびに、作家・小田実の海外体験記『なんでも見てやろう』の一節を思い出さずにはいられない。

多くの市民の自転車への熱は並々ならぬものがある。気候が良くなると、見るからに重そうな、もとい重厚な愛車を引っ張り出し、自然を目指して自転車にまたがる。列車も自転車を持ち込める仕様になっているため、特に夏期休暇のシーズン中、駅は、競輪選手と見まごうような完璧な格好のアマチュアライダーたちであふれかえっている。

この自転車熱、どうやら私という一外国人が受けた印象だけではなさそうだ。ドイツ自転車組合は、2016年の1年間で520万人のドイツ人が自転車旅行で休暇を過ごしたと報告した。これはおよそ8200万人のドイツ総人口の15%に当たる。しかも520万人という数は、2015年と比べて16%上昇しているのだ。また2017年は、国民の約30%が国内の自転車旅行を予定しているという調査結果もある。自転車の人気、天井知らず! 
ドイツの自転車専用道路

そんなときに、この夏自転車旅に出かけたグループに取材する機会を得た。彼らの体験談にぜひ触れていただこう。

エネルギー爆発! ドイツ人3人組の自転車旅


今回自転車旅を敢行したのは、ドイツ人男性3人組だ。26歳の彼らは、南ドイツのフュッセンから北イタリアのベネチアまで約500キロの道のりを、13日間かけて走破した(休息日や最終目的地での観光日を含めているため、自転車をこいだのは実質11日)。彼らの場合、特に普段から長距離を走るためのトレーニングを積んでいるというわけではない。

約500キロというと、日本だと太平洋側を通った際の東京から京都までの距離に相当する。ただし南ドイツからイタリアに抜けるには、アルプス山脈を越えねばならない。高低差はかなりのものだ。
ドイツからオーストリアへ入国

これだけ走って、お尻の皮がむけないのだろうか……。なんせ、彼らの自転車のサドルは、日本のママチャリのそれよりもはるかに硬いのだ。でも、彼らはそんなことを気にも留めていない。軽々とアルプス山脈を越え、山国オーストリアを走り抜け、南チロル地方を横目にベローナ、パドバ、ベネチアとどんどんと進んでいく。

アルプス山脈越えでは、高低差1300メートルの登り道を半日で乗り切った。イタリアへ入国後は、夏の強烈な日差しを避けるため、時には100キロを4時間で走破。さらに各々の町を観光しながら進むのだから、その体力と気力には驚くばかりだ。ある日の夕食は、750グラムのスパゲッティ。これを3人で一気に平らげたのだ。参考までに、一般的な料理のレシピは1人当たり80〜100グラムの計算である。どれほどのエネルギーを消費したのか、推して知るべし! 
南チロル地方を走り抜ける

関連キーワード

ライター情報: 田中史一

ドイツ在住。最近の趣味はバジルの栽培。挿し芽でどんどん増えるので、窓辺が鉢だらけ。バジルソースができるほどの収穫がないのが残念。

コメント 18

  • 匿名さん 通報

    単純に自転車は中国が一番>昔の話しだよー

    9
  • 匿名さん 通報

    「ドイツではトラック満杯の薬より1台の自転車」といわれてる、プロサイクリストは体に悪いが、自分のペースや距離を守ればいい運動になると思う。その他環境もあるのか?ヤン・ウルリッヒの影響もあるのか?

    7
  • 匿名さん 通報

    日本だって輪行と言って電車の中に自転車をたたんでカバーをかければ料金取られずに乗れる。 急な雨降りや、帰りは寝て帰りたいという時のために輪行袋をいつもリュックに忍ばせてる。

    6
  • 匿名さん 通報

    ドイツ人だけがハマるような書き方するなよ,単純に自転車は中国が一番だろう,ハマってる訳じゃないけど

    3
  • 匿名さん 通報

    有酸素運動が体に良いというのも知ってるからでしょ。 それにドイツは森が酸性雨に侵されて枯れているのを知ってから特別CO2にはうるさくなった。自転車ほどエコな乗り物は無いからね。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品