エマ・ワトソン「美女と野獣」の日本版予告編

エマ・ワトソン主演! 映画「美女と野獣」を実写化 アニメ版と異なる点は!?

ディズニーが手がける実写映画「美女と野獣」の日本公開日が2017年4月21日に決定した。主演のベル役はエマ・ワトソン。公開された予告編では、24時間で1億2760万回を記録するなど、世界中から実写化への期待が高まっている。アニメ版の忠実な再現や、実写ならではのオリジナリティ、歌など今から公開が待ち遠しくなるような実写化の見どころをまとめてみた。

美女と野獣の実写化が決定! ベル役にはエマ・ワトソンでビジュアル最強と話題に

ディズニーが手がける実写映画「美女と野獣」の日本公開日が2017年4月21日に決定し、日本版の予告編が公開され、その美しさが話題に。今回公開される「美女と野獣」の実写化には、「シカゴ」の脚本、「ドリームガールズ」を手がけたビル・コンドン監督がメガホンを取った。キャストは、主役のベルに「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で一躍有名になったエマ・ワトソン、相手の野獣役を「ザ・ゲスト」のダン・スティーヴンス、ベルに結婚を迫るガストン役を「ハイ・ライズ」のルーク・エヴァンスが演じる。


エマ・ワトソンは、映画公開に対し気合いの入ったコメントを残している。

「この世界中に知られていて、愛されているストーリーにはまだまだ広げられる可能性があると私たちは思ったの。最新作では、ストーリーを更に広げて、深みを与え、細部を深掘りして…2017年にお見せできるのが待ち遠しいわ」
来年公開の実写版『美女と野獣』はアニメ版を超える美しさ!?-ニュースウォーカー

また、ハッピーで楽観的な気持ちにさせてくれるディズニー映画に参加できる喜びを語った。
「子供はもちろん、大人になってからもみんなディズニー映画が大好きなのは、『何も心配いらない。きっと大丈夫』といったハッピーで楽観的な気持ちにさせてくれることで、子供の頃感じたある種の安心感に浸れるからだと思うの。そんな風に、私に幸せと安らぎをもたらしてくれるディズニー映画にベル役として参加できて、本当に光栄に思うわ」
来年公開の実写版『美女と野獣』はアニメ版を超える美しさ!?-ニュースウォーカー

不朽の名作! 愛され続ける美女と野獣のメッセージとは

1991年に公開されたアニメ版「美女と野獣」といえば、アニメーション映画として初のアカデミー賞作品賞にノミネートを果たしたほか、作曲賞と歌曲賞を受賞する快挙を成し遂げた名作である。



「美女と野獣」は、身も心も美しい娘・ベルと、醜い野獣の真実の愛を描いた物語であり、「人を外見で判断してはいけない」というメッセージが込められている。

実写化美女と野獣は大ヒット確実か 予告編からわかるアニメ版の忠実な再現とは

米Varietyによると、「美女と野獣」の予告編の再生回数が24時間で1億2760万回を記録し、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の1億1200万回を超え、「24時間で最も再生された予告編」となっているそうだ。

米Varietyが報じたところによると、「美女と野獣」の予告編の再生回数が、24時間で1億2760万回を記録。これまで「Fifty Shades Darker(原題)」の持っていた1億1400万回、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の1億1200万回を超え、24時間で最も再生された予告編となった。
マ・ワトソン主演「美女と野獣」予告編、24時間で最も再生された予告に! 「スター・ウォーズ」「フィフティ~」越え-tvGroove


予告編からもわかるように、実写化ではアニメ版を忠実に再現しており、geektyrantが紹介した、MoviePilotによる比較動画でも確認できる。

予告編は、ベルが野獣の城を初めて訪れるところからスタート。燭台のルミエール、時計のコグスワース、ポット夫人などユニークな脇役たちが登場する。心を閉ざしていた野獣がベルと打ち解けていく姿や舞踏会で2人が踊る場面も。後半ではベルと野獣に危機が迫る中、ベルの「怖くないわ」というセリフとともにバラの花びらが散っていく様子が捉えられている。
「美女と野獣」ベルと野獣が踊る予告解禁、ポット夫人も登場-ナタリー

「ジャングルブック」を始め、CG作品に力を入れてきたディズ二ーであったが、美女と野獣にも最新の技術をふんだんに取り入れているという。ビル・コンドン監督は以下のように語っている。
「ディズニーが『美女と野獣』を実写化しようとしていると聞いた時には興奮したね。アニメのアイデアにテクノロジーが追いついた、まさに完璧なタイミングだと思ったんだ」
ディズニー実写版『美女と野獣』メイキングが到着!エマ・ワトソンら豪華キャスト&最新技術で名作が甦る-ORIVER

ここがアニメと違う! 美女と野獣実写版の見どころ

アニメ版を忠実に再現している美女と野獣の実写化だが、アニメ版と違うオリジナルの設定もあるという。
1つめは、ベルの職業であるという。アニメ版では、「本好きの町娘」として描かれているが、「なぜベルが本が好きなのか、何のためなのか」という点に疑問を持ったというエマと制作陣。実写版では、アニメ版でベルの父の職業と設定されていた「発明家」として才能溢れる女性像へと飛躍させたことをエマ・ワトソンが明らかにしている。

エマは「(実写版では)ベルが洗濯機のようなものを発明し、そのおかげで自分で洗濯する時間や手間を省くことができて、大好きな読書に没頭する時間を持てているっていうバックストーリーを作ったの」と細かい設定まで考えたことを告白。

 発明家という知的な一面を加えることで、ベルのキャラクターを家事や雑用だけをしている昔ながらの女性像から、自分自身で学び、新しいものを創り出すことができる才能溢れる女性像へと飛躍させた。
フェミニスト女優のエマならでは!『美女と野獣』実写版とアニメの2つの違いって?-FRONRTOW

2つめは、実写版ではベルがコルセットを身に着けていないという。
アニメ版のベルが着ていたドレスを見てみると、ウェストが不自然なほどにキュッとくびれており、コルセットを着用していたことがわかる。しかし、コルセットには「女性の自由を束縛するもの」というイメージがあったことから、エマはよりアクティブなプリンセスを描くためコルセットを着用しない設定にしたという。

美女と野獣には名曲ぞろい 実写化の新曲もオスカー獲得なるか

「美女と野獣」は、劇団四季でミュージカルが公開されるなど歌や歌詞にも絶大な支持を誇っている。
1991年に公開されたアニメ版では、作曲賞と歌曲賞を受賞した「美女と野獣(BEAUTY AND THE BEAST)」を始め、「Belle」、「ひとりぼっちの晩餐会」、「Be our guest」など数々の名曲が残されている。

実写版では、「美女と野獣」を作曲したアラン・メンケンが新たに書き下ろした新曲が3曲あることが明らかになっており、大変期待できそうだ。

プロデューサーは「この曲でメンケンが9個目のオスカーを獲得すると思う」と明言しており、かなりの出来になっているようだ。
実写版『美女と野獣』に新曲3曲+「強いぞ、ガストン」に新たな歌詞!-シネマトゥデェイ

2017年4月公開! 「楽しみすぎる」と期待の声が続出

世界から大注目を受けている美女と野獣の実写化に「楽しみすぎる」と期待の声が多くあがっている。