今注目のアプリ、書籍をレビュー

7

iPhone7は「買い」なのか。超ていねいに検証してみた

2016年9月17日 10時00分 ライター情報:杉村啓
9月16日にAppleよりiPhone7/7Plusが発売された。今回はFelicaの搭載や、防水防塵をようやく実現したということで、非常に注目を集めている。早速手に入れたのでファーストインプレッション及び、どういう人が「買い」なのかをお届けしたい。
iPhone7のローズゴールド。上品なピンク色が気に入っている

なお、今回入手したのはiPhone7のローズゴールド。話題のジェットブラックにしなかったのは、単に自分が傷をつけずに扱える自信がなかったから(たぶん擦り傷がついただけで半日は落ち込む)ということと、iPhone6sでローズゴールドがことのほか気に入ったからだ。

高級感よりもわかりやすさを重視したコンポーネント?


箱を開けたときに、ほんの少しだけ違和感があった。全体的に、ほんの少しだが高級感が薄れている感があったのだ。

今までのiPhoneシリーズは、箱の中のいたるところまで気を配られている感じがあった。たとえば説明書とステッカーやSIMのピンが入っている小さい箱は、取り出しやすいようにつまみがある、しっかりとした箱に入っていた。

ところが今回は、上部が開いている封筒のような箱に入っている。いちいち蓋を開けてからでなければ取り出せなかったものが、すぐに取り出せるようになった。
iPhone7に入っていた説明書。右端の箱というか封筒に、ステッカーやSIMピン(台紙つき)が入っている

Lightning端子対応のイヤホン「EarPod」も、iPhone6sではプラスチックのケースに入っていたのが、紙のケースに入っていた。
紙のケースに入っているEarPod。iPhone6sのときはプラスチックケースだった

もっとも、これはイヤホン端子ではなくLightning端子にしたので従来のプラスチックケースに入りきらなかったということなのかもしれない。もしくは、裏面にイヤホン−Lightning端子変換コネクタを付けて、音楽を聴くのはとにかくこのセット、ということをわかりやすくするためなのかもしれない。
EarPodの紙ケースの裏側には、イヤホン−Lightning端子変換コネクタがついている

Lightning端子のEarPod

一度イヤホンを取り出したら箱にしまうことができないので、できればプラスチックケースにして欲しかったところだ。

この辺は、なんとなく高級感よりもわかりやすさを重視している印象を受けた。iOS10を触ったときにも、シンプルな高級感よりも説明を重視していると感じたが、Appleは全体的にそちらの方向へ舵を切ったのかもしれない。もしくは、単なるコストダウンか。

肝心のiPhone7に関しては、外見は非常にiPhone6sとよく似ている。ここに全く不満はない。目を惹くのは、背後のアンテナラインが目立たなくなったことと、レンズの大きさだろう。
大きく、中央に少し寄ったレンズ。非常に目立つ。そのまま机の上に置くとがたがたするのは相変わらず

レンズの位置がiPhone6sまでと比べてやや中央に寄り、大きくなっているため、6sのケースは使えないと思った方がいい。

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメント 7

  • iPhoneならねこ 通報

    ブラックかっこいい、欲しい

    42
  • 匿名さん 通報

    結果買いなんだろwww

    29
  • 匿名 通報

    スピーカーは下部に1つと上部に1つの2つしかないですよ。 もう一方のスピーカのように見える部分は気圧弁です。

    21
  • 匿名さん 通報

    IT系のライターが手放しで買え、って言わないのはよっぽどのこと

    13
  • 匿名さん 通報

    消去法で行ってアンドロイドが全滅だからアイフォンになる。

    10
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品