今注目のアプリ、書籍をレビュー

鼻の穴は大きいけど、小松が大好き、小松が欲しい!〈「トリコ」主演声優 置鮎龍太郎×朴ろ美〉前編

2011年11月22日 11時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

置鮎龍太郎(おきあゆ・りょうたろう) (左)
1969年11月17日生。福岡県北九州市出身。青二塾大阪校第6期卒。青二プロダクション所属。初レギュラーは「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」ハイネル役。「地獄先生ぬ〜べ〜」鵺野鳴介役で初主演。「スーパーロボット大戦」シリーズのライディース・F・ブランシュ タインや「テニスの王子様」手塚国光などクールで二枚目なキャラクターを演じることが多い。「トリコ」では熱血ながら知性を感じさせる主人公トリコ役。

朴ろ(「ろ」は王へんに路)美(ぱく・ろみ) (右)
1972年1月22日生。東京都江戸川区出身。桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業。円企画所属。「ブレンパワード」のカナン・ギモス役でデビュー。 代表作に「∀ガンダム」(ロラン・セアック役)「鋼の錬金術師」(エドワード・エルリック役)「エアマスター」相川摩季がある。「トリコ」では料理人としてトリコと旅を共にする小松役

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

11月23日、アニメ「トリコ」のラジオCDアルバム「トリコ ティナのグルメラジオDJ」が発売される。
発売を記念して、トリコ役の置鮎龍太郎さんと小松役の朴ろ(「ろ」は王へんに路)美さんにお話を伺った。劇場版からテレビシリーズへ、「トリコ」を演じる上での想い、お気に入りの食事、そして謎のゲスト登場!? と、前編からもりだくさんでお届けします。最後までガツガツ! お楽しみください!


ピュアなおっさんであってください

――今年3月に劇場版「トリコ 3D 開幕!グルメアドベンチャー!!」が公開されて、4月からはテレビシリーズがスタート。今まで演じてきたトリコと小松に対してどんな印象を持っています?
 鮎っちが無口な役をやっているときしか見たことないからすっごい新鮮でした。
――「鮎っち」なんですか(笑)。なんか感想を聞いたり?
置鮎 「こんな役もできるんだねー」みたいな?(汗)。
 そんな上から目線じゃないよー! 
置鮎 トリコは見た目もマッチョだし、必殺技などで叫ぶキャラクター、相当喉に負荷もかけるかもしれない、そのなかでどれだけ演じることができるか。いまもある程度負荷はかけているんですけど慣れてきました。
 トリコが鮎っちと聞いたときに「なるほど」と思ったんです。ただの熱血漢ではなくて、そこに知性を持たせたかったんだと。
置鮎 今考えた?
 ほんとだって! 映画ではじめてトリコの台詞を聞いたときに「私の知ってる鮎っちじゃない!」とは思ったけど(笑)。
――映画でも最後に小松が出てきましたね。小松を演じてみてどうでした?
 オーディションのときに「ピュアなおっさんだと思ってください」って言われて、私の心にドカン! とヒットしたんです。
――珍しいフレーズですね。
 でしょ? 「私のなかにピュアなおっさんはいるのかな」と思いながら演じていました。小松は男の子じゃなくて20歳を超えていますからね。叫ぶときも「うわー!」とかじゃなくて「ぎょえええ!」とか。アフレコが終わったらのどが痛いんですよ(笑)。
置鮎 こだわり派だからなんども録りなおすんですよ。僕は「大丈夫なのになあ」って思っていても「もう一回いいですか?」って。
――へええ、ピュアなおっさんはけっきょく見つかりました?
 いまは花開きました。鼻の穴は大きいけど、小松が大好きなんです、小松が欲しい!
置鮎 欲しいんだ(笑)。

注目の商品