今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「すき家」ストライキ騒動はなぜ燃え上がり、そして不発に終わったのか

2014年6月5日 09時00分 ライター情報:HK(吉岡命・遠藤譲)

『ブラック企業VSモンスター消費者』今野春貴、坂倉昇平/ポプラ新書
五月下旬、すき家アルバイトが一斉に休むことで「ストライキ」をするらしいーー。2013年の流行語大賞ベストテンにも入った「ブラック企業」。若者を使い捨てる労働環境が問題となっている。最近では「ブラックバイト」という概念も提唱され始めた(『POSSE vol.22』や東海林智『15歳からの労働組合入門』を参照)。本書に収録されている座談会ではすき家についての言及もある。坂倉は言う。「すき家方式の低価格競争をつきつめても、社会の幸せはないよね」

( 1 / 3 )

すき家のバイトが一斉にストライキをやるらしい。そんな噂がネットで広まっていた。
しかし、決行日とされていた5月29日、私の近所ではいつもと変わらず営業しているではないか。
あれ? と思い、ネットを見てみると「普通にやってるよ」とか「いいや、張り紙貼って閉まってた!」とか、とにかく情報が錯綜していた。

後日、すき家に行ったついでに、店員さんに訊ねてみた。
「渋谷ではストしてなかったと思いますよー。千葉のほうではやったって話も聞きますけど、よく分かんないッス」との答え。
私は、ミニ牛丼を注文することにした。
紅ショウガを山のようにのせながら考えた──「すき家ストライキ騒動」とは何だったのか?

まずは経緯を追っていこう。

5月15日。すき家の計184店舗が、従業員不足などを理由として営業を休止していることが報じられた。(『毎日新聞』5月15日朝刊)
同日、運営するゼンショーホールディングスは以下の声明をだしている。
「この184店舗の内訳は、リニューアル工事によるものが156店舗、人員不足によるものが28店舗です。」(「2014/5/15『人手不足などで184店舗休業』の報道について。」より抜粋)

『産經新聞』5月25日東京朝刊によれば、この人員不足の理由は、人件費抑制と利益率増大のためにアルバイト1名のみで店舗を切り盛りさせる「ワンオペレーション」(ワンオペ)の存在と、2月に発売された「牛すき鍋定食」の作業負担によるバイトの一斉退職である。
「ワンオペ」は防犯上の問題もある。すき家では2010年頃から強盗事件が多発し、2011年には未遂も含めると78件と、牛丼チェーンの被害総数のうち9割近くを占めていた。(『週刊ポスト』2014年6月13日号)

5月21日夜。ネット上ですき家従業員に対してストライキの呼びかけが始まる。『朝日新聞』5月30日朝刊によれば、「2ちゃんねる」に「5月29日はニクの日ということでスト決行」などの書き込みが相次ぎ「22日にはツイッターでも話題」になった、という。

だが、情報の拡散に使用されたハッシュタグ「#すき家ストライキ」のツイッターでの使用動向を「Yahoo!リアルタイム検索」で見てみると、22日20時までの投稿数は0件、20時〜23日8時の間もせいぜい25件程度である。(画像1)

翌日の5月23日。午前中から昼過ぎにかけて、ニュースサイトなどが「#すき家ストライキ」に関する記事を投稿している。

ライター情報

HK(吉岡命・遠藤譲)

男子2人組の編集者&ライターユニット。ノンフィクション書評、労働・貧困問題、ネット右翼、炎上検証、突撃ルポなど。お仕事のご依頼はツイッターまで。

URL:Twitter:@HKeditorialroom

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品