今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「液体、アウト!」あれから17年「エヴァンゲリオン」旧劇場版オンエアの中心でアイを叫んだオタク

2014年8月28日 09時00分 ライター情報:青柳美帆子
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月25日深夜に地上波初放送された「エヴァンゲリオン」旧劇場版「THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に」。若手小説家&批評家のS氏に集められて私的な鑑賞会が行われていた。したたかに酔っぱらったS氏は作品に対する愛と執着ゆえに暴れだす。彼こそが「惜日のアリス」なのだった。

[拡大写真]

多くの人間にトラウマを与えた「エヴァンゲリオン」の旧劇場版「THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に」(通称EOE、もしくは夏エヴァ)。関東圏で8月25日「映画天国」で深夜の2時から地上波初放送された。劇場で放映された1997年夏から17年。

「EOEが初めて地上波で放送されるので、みんなで鑑賞会しませんか」

新進気鋭の若手小説家・S氏に収集されて、都内某所でごく私的なEOE鑑賞会が行われた。リアルタイムで見ていた者もいれば、後から追っかけて見た者も、新劇場版公開後にエヴァを一気見した者もいる。S氏を含めて総勢5人。
集合時間は夕方6時。深夜2時までの長い時間を「ときめきメモリアル」(初代)をプレイしながら潰す。裏技(ニックネームを「こなみまん」にする)で強くてニューゲーム状態のS氏は、藤崎詩織のデレッデレな顔を見て「こんな顔、真剣にプレイしていた昔は見たことがなかった……」とぼやいた。日本酒がどんどん減っていく。
深夜0時。EOE放送まであと2時間というタイミングで、先週(8月18日)に放送された「EVANGELION:DEATH(TRUE)2」の録画を再生し始める。一升瓶を空にしたS氏は「酒を飲みながら旧劇を見るなんて初めてだ……」と唸り、途中で寝た(あともう1人はときメモのプレイ中に寝ていた)。残された3人で淡々と「DEATH」を見る。「オタクってパッヘルベルのカノン好きですよね」「主語がでかすぎでは?」カヲルくん……溜息。
「あいまいみー」を口直しで鑑賞し、将来有望の批評家・S氏ともう1人を起こす。S氏はなかなか起きなかったので、首筋に氷を当てて起こした。

「EOE」が地上波で放送されるとなったとき、多くの人が真っ先に心配したのは「放送できるのか」だった。残虐なシーンや性的なシーンが多いからだ。1997年当時には許されていても、規制が厳しくなっている今では、放送が難しい部分もあるだろう。
「映画天国」では、当初に但し書きがあった。「都合により一部音声のみでお送りします」。やはりどこかは規制されているのだ。
規制されそうなシーンとしてよく話題にされていたのは冒頭。意識を失ったアスカをオカズにして、シンジが1人で行為に及ぶ。アップにされる手のひら、べったりとつく白い液体。
ある意味「山場」ともいえるシーンを、固唾を飲んで見守る。
本来なら手のひらが映し出されるシーンは……音声のみ!
誰からともなく顔を見合わせる。
「規制、入りましたね」
「入りましたね」
「液体、アウトだったかー」
「ただの白い液体という言い訳、できなかったかー」

全員の手にはスマートフォン、画面にはTwitterが開かれている。

ライター情報

青柳美帆子

フリーライター。1990年(平成2年)生まれ。オタクカルチャー・イベントレポ・明るいエロス・少女革命ウテナなどを中心に執筆しています。

URL:青柳美帆子のまとめ

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品