今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

今夜テレビ初「ヱヴァンゲリヲン:Q」ぼくの脳みそは吹っ飛びました

2014年9月5日 09時00分 ライター情報:たまごまご
このエントリーをはてなブックマークに追加

今夜地上波初放送「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。全くもって謎だらけの問題作。上映当時は賛否両論起こりまくりでした。しかし不思議と多くの人に受け入れられ、高く評価され始められた理由の一つは、エヴァ旧劇場版の時とは違う、視聴環境の変化でした。

[拡大写真]

今夜、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(以下・「Q」)と「巨神兵東京に現わる」がテレビ初登場です。
関東圏では旧劇場版の「DEATH」からはじまって、ついに「Q」まできたエヴァ祭り。17年を駆け抜けた感ありますね。

興行収入的には「エヴァンゲリオン」の映画ではトップの「Q」。
だが! 公開当時の賛否両論っぷりはすごかった。
ネタバレは避けつつ、映画放映時とその後のテンションの上がり下がりを思い出してみようと思います。
ポイントになるのは、同じ賛否両論でも、旧劇場版「Air/まごころを、君に」(以下・EoE)の時と状況が全く違う、ということです。

●高い映画評価と、ワースト映画としての評価
新劇場版「序」と「破」で、今までの「エヴァンゲリオン」の、うじうじ碇シンジ像を覆し、エンタテイメントになったと思いきや、急転直下どえらいことになった「Q」。
あまりの内容に、シンジ役の声優・緒方恵美があんまりにも落ち込んでしまい、渚カヲル役の声優・石田彰が心配してコーヒー入れてきたり肩もんだりしたくらい(「Q」パンフレットより)。

公開初日は「是か非か」以前に、「なんだこれは」という声が圧倒的に多かったです。
「破」の力強さは一切ない。「序」で大切にしていた90年代日本の空気もゼロ。「一体何が起きているのか分からない」感覚が観客を殴打し、困惑しかできない。
ミサトの組織ってなんなのよとか、セントラルドグマのアレは何かとか、エヴァ13号機の仕組みとか。まともに受け取っていいのかどうかすらわからない。

正確なピアノの連弾シーンをはじめ、映像的に見るところは山ほどあります。
しかしガジェットやキャラクターはほとんど説明されておらず、前後のつながりがわかりづらい展開がとても多いです。
4連作のうちの1作ですから、これだけで評価はできません。にしても観客に不親切。
あっちもこっちもツッコミどころだらけ。わざと穴をあけているかのように感じられます。

かくして、数々の映画賞を取る一方で、『映画秘宝』のワースト映画ランキング「HIHOはくさいアワード」3位を取るという、両極端な評価の作品になりました。
褒めている人の声を見ても「これが万人に受け入れられるものではない」「手放しで絶賛していいわけではない」と感じているようです。

正直、「勘弁してくれ」と悩まされるエヴァが戻ってきた感覚があり、「庵野また観客に挑戦状投げてきた!」とぼくは狂喜しました。それは罠だって?いいよ、踏むよ!
嬉しかった反面、「エヴァは一大産業化しているのに、手のひら返して大丈夫なのか?」と不安にもなりました。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品