今注目のアプリ、書籍をレビュー

2

衝撃のゲスさ「ねほりんはほりん」Eテレでプロ彼女暴露トーク

2015年7月18日 10時50分 ライター情報:井上マサキ
プロ彼女「(腰が)くびれてるってことは妊娠してないんですよ。なので、この女は妊娠可能だと。俺の種を付けることが可能だ、というアピールをしてます」
山里「わたしそこまで思いませんでしたよ」
YOU「だからさ、触りたいな、エッチしたいなって男性がなんで思うかって言うと、この女は俺の子孫を……ね?」
プロ彼女「オスとメスですから。メス感ってやつです」

有名人専門に交際する「プロ彼女」との放送コードギリギリのトーク。『アウトデラックス』でも『ダウンタウンなう』でもでもなく、放送しているのはなんとEテレ。7月1日に放送されたEテレ『ねほりんはほりん』からの一コマだ。
NHK『ねほりんはほりん』公式サイトから

顔出しNGの人形劇トーク


『ねほりんはほりん』は顔出しNGのゲストを招き、南海キャンディーズ・山里亮太とYOUが赤裸々な話を聞き出すトーク番組。しかし、番組には人間の姿が全くない。登場人物は全て2頭身のかわいい人形になっているのだ。

山里亮太とYOUはモグラの”ねほりん”と”はほりん”に、ゲストはブタに姿を変えている。ゲストの服装はそのまま人形で再現されていて、プロ彼女のブタはピッタリした黒のワンピース。腰はくびれていて大きな胸はこぼれそう。左手には結婚指輪をしている。

事前に収録したトークを元に人形劇が作られているので、声と動作の当て振りはバッチリ。プロ彼女が自撮りテクニックを見せる場面でも、スマホを上から構え、胸を持ち上げて強調する(ブタが)。撮影されたブタの自撮りを加工して、白く飛ばしたり目を大きくしたりする。

見た目はかわいいモグラとブタなのに、話はとても生々しい。プロ彼女ブタはアスリート系が好き。スマホでモグラ達に元カレの写真を見せて「日本代表じゃないですか!」と驚かれる。体の相性が大事という話では夜の生活を「お宅訪問」と表現するプロ彼女ブタ。
Eテレの人形劇を見ているはずなのに、パラレルワールドに放り込まれた気分になる。

「全員顔を出さない」という選択


テレビ番組で顔出しNGの人物とトークをする場合、すりガラス越しにする・後ろから撮る・仮面をかぶせるなど様々なアプローチがある。顔を出さないなら音声だけにすればいい。でもトークという体裁をとる以上、人間の姿を残しておきたくなる。

この場合、聞き手は顔を出しても構わないので、自然と絵面は「普通の人と異形の者が話している」という風になりがち。顔は隠されているはいるけど少しは姿が見えるので、話し手に抵抗感が生まれることもある。

ライター情報

井上マサキ

1975年石巻出身のフリーライター。元SEで2児の父。スマホアプリ・パパ育児・お笑いを中心に活動中。路線図鑑賞家。ケータイ大喜利第14号レジェンド。

URL:Twitter:@inomsk

コメント 2

  • ノラ猫さんへ 通報

    レギュラー化する前は、この番組名(「ねほりんはほりん」)だったので、別に間違って ませんけど^^;

    2
  • 匿名さん 通報

    終始番組名間違ってんのはどうかと思う

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品