今注目のアプリ、書籍をレビュー

2

「映画プリキュアドリームスターズ!」ここまで画面彩度を下げた女児向けアニメはたぶん今までなかった

2017年4月1日 10時00分 ライター情報:むらたえりか
「映画プリキュアドリームスターズ!」が、2017年3月18日から公開されている。
2010年以降、長年プリキュアのエンディングの3DCG制作に携わってきた監督の宮本浩史さんと、CGプロデューサーの野島淳志さんへのインタビュー。後編では、3DCGを生かした作品作りや今後の展望を詳しく聞いた。

キャラクターの個性や世代交代への思いを詳しく聞いた前編はこちら

こだわりの水の表現、イメージは攻殻機動隊


約30分の3DCG映像、表情や動き、色合いなど見どころが満載!
(c)2017 プリキュアドリームスターズ!製作委員会

──「映画プリキュアドリームスターズ!」では、3DCGを使った長編映画の制作に挑戦しています。ここを見てほしい! という場面を教えてください。

宮本 クライマックス近くで、雨が降ってからシズク復活の場面が1番見ていただきたいです。おそらく、これまで女児向けアニメではやってこなかったであろうことをしているので。

──女児向けアニメではやってこなかったこととは?

宮本 雨が降っているシーンが特にわかりやすいですが、画面全体の色はサクラの心情を表しています。雨のシーンは、サクラのテンションが落ちている。だから、モノクロまではいかないけど相当画面の彩度を落としています。

──確かに、ブルー調のグレーというか……全体の色味が抑えられていると感じました。

宮本 ここまで画面全体の彩度を下げた女児向けアニメって、たぶん今までなかったんじゃないでしょうか。さらに、そこから転換しての夕陽のシーンなど、色々な場面でカラーコントロールによってキャラクターの心情を表しています。表現としてはかなり攻めることができました。
サクラの心情に寄り添った情緒的な映像が美しい。
(c)2017 プリキュアドリームスターズ!製作委員会

野島 その他だと、水の表現は最後の最後までこだわりました。

──水の上をサクラとシズクが走る場面ですね! 

野島 セルの作画スタッフからも「水のシーンがすごいね」って言ってもらえるくらいの表現になりました。

宮本 あれは、実写っぽい水を作ればいいかというとそうではない。だから、かなり色んな調整をした上で美しく見えるように取り組んでいます。実写的でもありつつ、絵画的でもありつつ、幻想的な……。

──本当に美しい水のシーンでした。参考にした作品やイメージはありましたか。

宮本 具体的な作品名を出しても大丈夫かな? サクラとシズクが鳥居の連なる海面を走る場面がありますよね。あそこのイメージは、押井守監督の映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」(1995年)でした。主人公の草薙素子が水の上で戦うシーンの、見ていて小気味良い水の動きはちょっと意識していました。

ライター情報

むらたえりか

ライター/PR企画者。宮城県出身・女子校育ち。「アオシマ書店」で写真集レビューなどを執筆。ハロプロ、ヒーロー、ベガルタ仙台が好き。

URL:わたしとたのしいくらし

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    大人の男の子のファンも多いしね。

    1
  • 匿名さん 通報

    親子で楽しむのか?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品