トップニュース

バルサ守護神"攻撃面"も際立つ貢献

23日に行われたレアル・マドリーとバルセロナの伝統の一戦クラシコは、リオネル・メッシがアディショナルタイムに劇的な決勝点を挙げ、2-3でバルセロナの勝利に終わった。相手に2ゴールを許しつつも、90分間で12本のシュートを止めたGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンはバルサ勝利の陰の立役者であった。そして、彼の貢献度は守備面だけでなく、チームの攻撃面においても際立っていた。ボールを持つ時間を長く...全文>>