90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

『学校へ行こう!』B-RAPハイスクールの名物キャラ10人を振り返る!

ライター情報:さのゆう

https://twitter.com/parcmanther_3

[拡大写真]

今日、『学校へ行こう!』が7年ぶりに復活しました。この番組の人気コーナーといえば、「B-RAP HIGH SCHOOL」(ビーラップ・ハイスクール)を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。タイトルがB-RAPなのに、まともなラップを披露しているのは少数派だったことも面白さに拍車をかけていました。
今回は名物コーナーだったビーラップから誕生した名物キャラの中から、10人を厳選してご紹介していきます。

軟式globe


小室が率いた『globe』のパロディでボーカル担当の「KOIKE」とダンス&ラップ担当の「パークマンサー」で構成。パークはアフロヘアにとんがらせた口、そして登場からなぜかずっとドヤ顔というスタイルでかなりインパクトがありました。
globeの代表曲『Love again』が流れると、パークは突然スイッチが入ったかのように踊り、サビになると、掛け合いが始まります。
「アホだな~(そうだよアホだよツ♪)アホだな~(それがどうしたアホだよッ♪)アホだな~お前、女を追い掛け回してまたドジしてる~」

初登場からすぐに人気者になり、小室哲哉とKEIKOの結婚式でもネタを披露するまでになっていました。コーナー終了後、パークマンサーは芸能活動を続け、俳優として『LIAR GAME』や『TRICK』へも出演したそう。さらに2013年には、なんとボーカルに新メンバーを迎えて軟式globeを再結成させています。

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

2015年11月3日 23時08分

「『学校へ行こう!』B-RAPハイスクールの名物キャラ10人を振り返る!」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    藤子はまちゃまちゃじゃないですよ。誤情報流さないでください。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!