90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

石橋貴明の目に留まった福澤朗アナの番組 賛否両論の声も

日本テレビ系『真相報道 バンキシャ!』のメインキャスターを長きに渡って務める福澤朗(あきら)。その前の代表作と言うと、あなたは何を思い浮かべますか。
『全国高等学校クイズ選手権』?、『アメリカ横断ウルトラクイズ』?、『ズームイン!!SUPER』?
いや、ひとつ忘れていないだろうか? そう、『全日本プロレス中継』だ。90年代の日曜深夜を熱く盛り上げた番組であり、福澤"ジャストミート"朗の異名もこの番組での絶叫から生まれている。

大失敗だったプロレス実況デビュー


日本テレビ入社2年目の春にプロレス担当となった福澤アナ。実はプロレスをまったく観たことがなかったそう。 それなのになぜ抜擢されたのか。その理由は上司いわく「福澤のキャラはプロレス向きだから」。結果から言うと上司の目は正しかった訳だが、かなり無茶な人事である。

プロレス初観戦にしてプロレスアナとしての初仕事は、89年4月の大田区体育館。ジャンボ鶴田が初の三冠統一王者となった記念すべき試合の勝利者インタビューだ。会場に向かうバスの中で急遽決定したため、心の準備もできないままの福澤アナ。血みどろ汗だくのジャンボ鶴田を前に腰が引けるわ、その腰がハンディカメラを塞ぐわで、散々なデビューとなったのだった。

賛否両論巻き起こした「プロレスニュース」とは?


1990年4月には『全日本プロレス中継』は深夜に追いやられ(日曜24時30分~25時25分)、人気は下降の一途をたどっていた。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2015年11月10日 11時00分

「石橋貴明の目に留まった福澤朗アナの番組 賛否両論の声も」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!