90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

「ノーパンしゃぶしゃぶ」が話題に 大蔵省の汚職事件を振り返る

最近、議員の不祥事が相次いでいるが、議員と近い立場にいる官僚にもかつて大スキャンダルが襲ったことがあった。
事件が起きたのは1998年、大蔵省(当時)が関わる汚職である。この事件は汚職に関わった官僚が「ノーパンしゃぶしゃぶ」の店で接待を受けていたことでも大きな話題になった。この汚職事件の全容を振り返ってみよう。

大蔵省汚職事件の概要


すべての発端は、証券会社による総会屋の利益供与事件であった。総会屋の人物が証券会社の株を大量購入し、大株主の立場を利用して、不正取引を要求していた。東京地検の捜査の結果、逮捕された総会屋の株購入資金の出所が第一勧業銀行(当時。現みずほ銀行)であることが判明して大問題に。

第一勧業銀行への事情聴取により、「MOF(Ministry Of Finance)担」と呼ばれる銀行幹部社員の存在が明らかになった。MOF担とは、大蔵官僚に対する接待を目的とした担当者であり、大蔵省に張り付いて彼らの動向を探るのが主な役割。大蔵官僚は接待の見返りとして、第一勧業銀行など大手銀行への検査に手心を加えていたのである。

これを受けて1998年1月26日、東京地検特捜部は大蔵省を家宅捜索した。ちなみに当時の東京地検特捜部トップは、現在プロ野球コミッショナーを務めている熊崎勝彦氏だ。
この結果、大蔵省の官僚ら合計7名が逮捕、起訴され、幹部に対しても停職・減給などの厳しい処分に。さらに、当時の大蔵大臣と日銀総裁が引責辞任する事態にも発展した。

2016年2月16日 05時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!