90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

ドラマ版『西遊記』といえば、どの『西遊記』を思い出すだろうか

ライター情報:太田サトル

画像はamazonより「西遊記」

[拡大写真]

40代以上ならまず思い出すのが、堺正章主演、三蔵法師を夏目雅子が演じた1978年の『西遊記』(日テレ系)だろう。沙悟浄が岸部四郎(※当時は岸部シロー)、猪八戒は西田敏行。円谷プロが特撮を担当し、平均視聴率は20%近く獲得、ゴダイゴが歌う主題歌『ガンダーラ』『Monkey Magic』も大ヒット、翌年には続編も制作された(※2作目で猪八戒を演じたのは左とん平)。
三蔵法師を女性が演じ、中世的な神秘性を演出するのが定番になったのも、この作品がきっかけだ。
2000年代なら、2006年にフジテレビ系で放送された、香取慎吾主演の『西遊記』だろうか。三蔵法師が深津絵里、沙悟浄は内村光良、猪八戒は伊藤淳史がそれぞれ演じた。
こちらも平均視聴率20%超え、翌年には劇場版も公開された。最終回には、堺正章がお釈迦様役ゲスト出演したり、悟空が“仲間”のことを、“なまか”と呼ぶのが口ぐせだったりした。

宮沢りえとモックンが出演した『西遊記』


じゃあ、90年代はどうか。「宮沢りえとモックンのやつ!」と答える人、多いかもしれない。
93年に日テレ開局40周年の記念作品として製作され、大々的に放送された、単発のスペシャルドラマだ。孫悟空が本木雅弘、三蔵法師は宮沢りえ。沙悟浄が嶋田久作で、猪八戒は河原さぶが演じた。
今も続くCMの“伊右衛門コンビ”でもあるが、美しすぎる悟空と三蔵だ。前述の通り40周年記念ドラマということで宣伝などにも気合いが入っていたかと思うが、26.9%という高視聴率を記録した。

ライター情報: 太田サトル

学生時代からそのままフリーライター業。雑誌中心に執筆、ときどき編集。 好物=ガンプラ、パンクロック、ラーメン

2016年3月12日 06時00分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    "中世的"って"中性的"の間違いでは?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!