90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

5

浜田雅功が倉木麻衣を“宇多田ヒカルのパクリ”と批判した過去

ライター情報:こじへい

パクリ発言の被害者となった倉木麻衣

[拡大写真]

歯に衣着せぬ発言は、ダウンタウン・浜田の持ち味。いや、芸風と言っても過言ではありません。昔、行われていた『ガキ使』のフリートークでは頻繁に「ピー」音が入り、コンプライアンス違反を犯していることを度々知らせてくれたものです。あの「ピー」音、今考えると絶妙でした。前後の文脈から、一体、何を言っているのか想像を膨らませることが、番組視聴における一つの楽しみになっていたのです。あれのおかげで、大学受験の現代文における空欄穴埋めの設問に強くなったような気が、しないでもありません。

ストレートな発言が騒動の引き金に


そんな「ピー」音が仕事をせず、大事になったことがあります。事件は2000年6月26日放送の、ダウンタウンがかつて司会を務めていたフジテレビ系の音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』で起こりました。
問題となったのは、宇多田ヒカルとダウンタウンのトーク部分。1998年に『Automatic/time will tell』でデビューして以来、飛ぶ鳥を落とす勢いだった彼女に、浜田はこう言い放ったのです。

「あのさぁ、最近、お前のパクリが出てきてるやん。あれ、どう思う!?」

会場は微妙な笑いに包まれます。観客のリアクション同様、反応に困ったような表情を浮かべる宇多田。さらに、浜田は強めの語気で続けます。「そっくりやねん!真似てんねん!歌とか!」。場の空気に合わせて、宇多田は乾いた笑い声を上げていました。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年5月7日 00時01分

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    これに関しての浜田は歯に衣着せぬじゃなくて単なるいちゃもんと言うほうが正しい気もするけどな そう言う風に高校生の倉木を売り出していた事務所を攻めたならともかく

    2
  • ニャ 通報

    売り出し方はともかく曲自体は似てない。声質も乾いてる倉木と陰のある宇多田じゃ真逆。未だパクリと言う人がいるが、この騒動の影響は大き過ぎた。

    2
  • ネコ丸 通報

    誰もが思ってたことを言ったまで。 「王様は裸よ!」

    1
  • 匿名さん 通報

    ビーイングってホント薄ら寒いよな

    0
  • 匿名さん 通報

    パクリは言い過ぎかもしれないけど、実力差は結果が物語ってる

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!